アヌシー国際アニメーション・フェスティバル 2013年レポート 第1回:伊藤裕美

 

新アートディレクター マルセル・ジャン氏(左)と筆者
新アートディレクター マルセル・ジャン氏(左)と筆者

第37回アヌシー国際アニメーション・フェスティバル、Annecy 2013

カナダから新アートディレクターを迎え、地球規模で拡大するアニメーション映画祭
自信強める、ヨーロッパのアニメーション

取材・文: 伊藤裕美(オフィスH)

世界中から7000名を超すプロを集め、世界最大規模のアニメーション映画祭とMIFAマーケットが今年も、フランス東部のアヌシーで6月10日から15日まで開催された。1999年から14回、フェスティバルのアートディレクターを務めたセルジュ・ブロベール氏が昨年退任し、その後を継いだのはカナダ人のマルセル・ジャン氏。新アートディレクターに注目が集まった。

■ 世界のアニメーションの展覧会

前フェスティバル・ディレクターの故ジャンリュック・ジベラ氏がアニメーションに特化したマーケット(現在のMIFAマーケット)を1985年に始めたのは、ヨーロッパでアニメーションが“産業”として市民権を得る10年以上も前のことだった。ハリウッドの長編アニメーション映画が世界市場を開くと、刺激されたフランスやイギリスが“ヨーロッパアニメーション”を牽引し、今やフランスでは、アニメーションは輸出品として認められる勢いだ。
新アートディレクターのマルセル・ジャン氏は、「アヌシーとは多様な参加者の興味や関心に適うフェスティバル」と言う。確かに、スニークプレビュー/ワールドプレミア、コンペティション、名作・名監督の特別・回顧プログラム、屋外の上映や演奏会、アヌシー城やショッピングセンター等の展覧会。ビジネスではMIFAマーケットの展示と商談、カンフェランス、“Work In Production(制作中の新作紹介)”や“Making Of(完成した新作のメーキング)”、プロジェクト・コンペティション、Creative Focus(若手アニメーターと著名監督やスタジオとが出会える場)、さらにマスタークラスやケーススタディーといった教育的側面も持つ。

アニメーション作家が自主制作した短編アニメーションの上映会を始めたが起源のコンペティションには、今年も長編を含め2460本の応募があり、236本が最高賞のクリスタルを競った。6日間の期間中延べ500本ものアニメーションが、市内7個所10スクリーンで上映された。
MIFAマーケット登録だけでも80ヵ国からプロが集まり、アヌシーはプロ、学生、市民愛好家、そしてアヌシー市民が期待する、”世界のアニメーションの展覧会”だ。この幅広さと多様性は、世界各地に映画祭が増えた現在だからこそ、アヌシーを特徴づける。そしてジャン氏は「正しい方向に向かっている」とする。

[MIFAマーケットの新しいイベント]

■ Share With
50名限定の参加者(主にプロデューサー)と、短編・スペシャル、長編、シリーズのインベスター、バイヤー、ディストリビューターとのネットワーキング。ヨーロッパのテレビ局、北米のアニメーション専門チャンネル等の購買方針、出資者・共同製作者が求めるアニメーションの紹介などを各社30分でプレゼンテーションした。
http://www.annecy.org/annecy-2013/mifa:en/programme:en/share-with:en
■ MIFA Talks
テレビアニメーション、劇場公開長編、短編の3ジャンルの専門団体と、ジャンルごとに「何を制作するか」「資金調達をどうするか」「どのように放送するか」「どのように流通させるか」を協議するセッション。テレビはMedia Valley、長編は独立系制作会社の作品配給をおこなうEurope Distribution、短編はクレールモンフェラン国際短編映画祭のShort Film Marketがミーティングを主宰した。
http://www.annecy.org/annecy-2013/mifa/programme/mifa-talks#null
■ Territory Focus
国・地域にフォーカスして、その国・地域のアニメーション業界関係者が市場の特色、制作力、競争力などを紹介するセッション。ロシア、アイルランド、ポーランド、英国、南アフリカ、日本フランスのローヌアルプ地域のコンテンツ産業振興組織IMAGINOVEがプレゼンをおこなった。
http://www.annecy.org/a-propos/archives/2012/mifa/territory-focus

英国は、強化した税控除など、プロデューサーへのインセンティブを紹介し、英国での制作誘致を英国貿易投資総省の専門家や英国アニメーション業界を代表するプロデューサーらが参加者と質疑応答をおこなった。

■ Global Media Connect
フランスのローヌアルプ地域のコンテンツ産業振興組織IMAGINOVEとCITIAが主催し、クロスメディアプロジェクトの開発と実現を促すこと目的とするコンベンション。MIFAマーケットではプロジェクト・コンペティションの一部門としてクロスメディアの新プロジェクト振興をおこなってきたが、今年はビデオゲームやマルチメディアの制作者ら招き、アニメーション関係者とのネットワーキング強化を促した。
http://www.global-media-connect.com
 [アメリカの大手スタジオの新作紹介]

■ スニークプレビュー
『Monsters University(モンスターズ・ユニバーシティ)』、ピクサー
『The Blue Umbrella』「モンスターズ・ユニバーシティ」と同時上映されるショートアニメーション
『Walt Disney’s Mickey Mouse in “Get a Hors!”』、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
『Despicable Me 2(怪盗グルーのミニオン危機一発)』、イルミネーション・エンターテインメント
『Cloudy with a Chance of Meatballs 2』、ソニー・ピクチャーズ アニメーション
『Epic』、ブルースカイ・スタジオ
■ Work In Progress(制作中の新作紹介)
『How to Train Your Dragon 2』(『ヒックとドラゴン』の続編、2014年公開予定)、ドリームワークス・アニメーション
■ Making Of(メーキング)
『Cloudy with A Chance of Meatballs 2』(『くもりときどきミートボール』の続編、2013年公開)、ソニー・ピクチャーズ アニメーション
『Epic』、ブルースカイ・スタジオ

 

英国の共同製作インセンティブのパネルディスカッション
英国の共同製作インセンティブのパネルディスカッション