急成長する動画配信、2012年は1000億円市場 DCAJが市場調査レポート

近年、テレビ放送、映画興行、映像ソフトに次ぐ、第4の映像マーケットとして、動画配信が急成長している。では、そのビジネス規模はどのくらいなのだろうか?一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)によれば2012年の動画配信(VOD)の国内市場規模は推定約1016億円、前年比で23%増と大きく拡大した。
この調査はDCAJが、まとめた「動画配信(VOD)市場調査レポート2013」である。インターネットやCATVなどのインターネットを経由し、ユーザーが自分の好きな時間に動画コンテンツを視聴するサービス全般を動画配信サービスと定義し、その市場規模を算出した。

2012年の市場規模の対象は同年1月から12月まで、ユーザーが代金を払いコンテンツを視聴する有料サービスと広告費を主な収入源とする無料サービスの総額としている。また、併せて2010年、2011年の市場も推定している。
DCAJは2010年の市場規模は762億円、2011年826億円としている。一般的なイメージどおり、動画配信が急成長していることが分かる。
DCAJは市場拡大について、メジャータイトルの配信が増加しこと、その配信まで期間が短くなっていること、ユーザー1人当たりの支払金額が増加していることを挙げている。また、2011年末から1000円未満の定額見放題サービスが複数提供され始めたことも、ライトユーザーの拡大に貢献したとする。

「動画配信(VOD)市場調査レポート2013」では、このほかユーザー実態調査も行い、より詳細なユーザー動向も追う。さらにNTTぷらら、ジュピターテレコム、マイシアターD.D.、エイベックス・グループ・ホールディングス、DMM.COM、GyaO!、Hulu、日本マイクロソフトの主要企業の動向も調査した。市場の今後や、VOD事業者の一覧なども掲載した。
動画配信市場は、分断的に語られてやや判り難いのが現状だ。「動画配信(VOD)市場調査レポート2013」は、そうした市場の把握に力を発揮しそうだ。
ビジネスユースということで価格は9975円(税込)となっている。しかし、ビジネス関係者にとっては活用範囲は広いだろう。

動画配信(VOD)市場調査レポート2013
制作・発行: 一般財団法人 デジタルコンテンツ協会
仕様: A4 89ページ
発刊: 2013年5月27日(発売中)
定価: 9975円(税込)
販売: SPIインフォメーション、デジタルコンテンツ協会
http://www.spi-information.com/report/07269.html 

『動画配信(VOD)市場調査レポート2013』目次
1. 調査概要
2. 動画配信(VOD)とは
3. 動画配信(VOD)サービスの経緯
4. 動画配信(VOD)市場の国内規模と最新動向
4.1 市場規模の算出方法
4.2 2012年の市場規模
4.3 最新動向
4.4 ユーザー実態(アンケート調査結果概要)
4.5 動画配信(VOD)市場の今後
5. 主要企業の動向
5.1 NTTぷらら
5.2 ジュピターテレコム
5.3 マイシアターD.D.
5.4 エイベックス・グループ・ホールディングス
5.5 DMM.COM
5.6 GyaO!
5.7 Hulu
5.8 日本マイクロソフト
6. 主なVODサービスの事業者概要一覧
7. 資料
7.1 ユーザー実態調査 アンケート調査結果
7.2 2011年の日本のコンテンツ市場の規模と動向