アニプレックス執行役員に 石川恵子氏、落越友則氏

音楽ビジネスの大手ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、6月14日付のグループ子会社アニプレックスの執行役員人事を発表した。新たに石川恵子氏と落越友則氏が執行役員に就任した。
石川恵子氏と落越友則氏は、アニプレックスの子会社でアニメ制作を手掛けるA-1 Picturesの役員である。すでに、A-1 Pictures代表取締役社長の植田益朗氏はアニプレックスの執行役員常務であり、A-1 Picturesの経営陣がアニプレックスの経営陣と重複するかたちとなる。

アニプレックスは、SMEグループのビジュアルビジネスグループ(映像事業)の中核会社である。アニメの企画・製作や映像ソフト発売をする。
アニメ制作のA-1 Picturesとデジタル分野の事業を手掛ける番町製作所が、その100%出資子会社となっている。A-1 Picturesは2005年設立と歴史は浅いが、アニメ制作本数も増えており、制作会社として近年存在感を増している。代表作には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』、『ソードアート・オンライン』などがある。
アニメ映像ソフトで業界シェア1位のアニプレックスと連携する場面がますます増えている。今後も、アニプレックスとA-1 Picturesの連携はますます強まりそうだ。

ソニー・ミュージックエンタテインメント
http://www.sonymusic.co.jp/
アニプレックス
https://www.aniplexplus.com/