出遅れた日本は巻き返せるか!? ASIA-EU CARTOON CONNECTION レポート 第4回

KOREAN FILM COUNCILのプレゼン資料から
KOREAN FILM COUNCILのプレゼン資料から

出遅れた日本は巻き返せるか!? ASIA-EU CARTOON CONNECTION レポート 第4回

取材・文: 伊藤裕美(オフィスH)

■ 出遅れた日本は巻き返せるか!?

日本の参加者5名は揃って「業界の友人・知人にカートゥーン・コネクションへの参加を勧めたい」とする一方、日本で同様のフォーラムをおこなうのは難しいとする声もあった。
日本は製作委員会方式という、海外のプロデューサーに馴染みのない資金調達と製作座組が主流で国際共同製作がおこないにくい。あるいは日本側に外国と協働するというスピリットが少ないのではないかという見解だ。
またEUや韓国のプロデューサーが日本と組んで世界市場へ出ようと欲するのかという悲観もある。筆者も、EUの業界関係者が「日本は別物」として、日本への参入に見切りをつける傾向が強まっていると感じる。欧州から日本に国際共同製作を提案しても手を挙げる相手がいないことに失望するのも見てきた。
しかし今回、海外事情に詳しい5氏がカートゥーン・コネクションというオープンなフォーラムを高く評価したのは心強い。セガトイズの杉本氏は「日本はこういう活動に遅れている。今のままでは、せっかく世界的なアニメーション企画開発力があっても、ビジネス的に先細りする」と懸念を示した。

アニメーションは世界市場が拡大すると共に、米国の影響の“好み”の共通化が見られ、日本離れが起こっている。
このカートゥーン・コネクションでのKOFIC(韓国映像振興院)の報告によると、ここ数年来韓国で公開される長編映画のうちアニメーション映画が本数、興行成績ともに伸びている。興行成績の伸張は大きい。依然として外国製アニメーションが多いものの、韓国製は着実に増加しており、観客を増やしている。
そして外国製で注目すべきは日本製の状況だ。公開本数は多いものの、日本製の観客動員比率はそれに伴っていない。しかも公開比率すら11年の30%から12年は25%へ低下し、代わって欧州製が20%と躍進、米国、日本の次ぐ3位に躍り出た。
12年のトップ10に日本製はわずか1本『劇場版名探偵コナン16作目 – 11人目のストライカー』が入ったものの、動員数は50万人超。200万人を超えたドリームワークスの『長ぐつをはいたネコ(Puss in Boots)』、ブルースカイ・スタジオの『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険(Ice Age: Continental Drift)』(164万人)、ドリームワークスの『マダガスカル3(Madagascar 3: Europe’s Most Wanted)』(162万人)に遠く及ばないどころか、4位のベルギーのベン・スタッセン監督の立体視3D『Sammy’s Adventures 2(ナットのスペースアドベンチャー2)』(145万人)、7位の韓国の立体視3D『Speckles the Tarbosaurus 3D』(105万人)に水を空けられた。『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ』、沖浦啓之監督の『ももへの手紙』、細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』はいずれも30万人台で、トップ10入りしていない。

制作では企画段階から国際協働を始める枠組みが一般化し、EUや韓国は先行する。日本は、異文化の背景を持つメンバーが集まる制作環境で、多文化な市場向けの企画力を発揮できる国際派プロデューサーを増やすことが急務だ。それには、教育機関や教材開発、留学への支援に留まらず、プロデューサーに若い頃から国際的なマーケットやフォーラムで実践を重ねさせ、語学にも提案・交渉力にも自信を持たせることだ。
EUも韓国も、公的機関が「カートゥーン・コネクション」の重要性を理解し、資金的支援をおこなっている。日本も、民間のプロデューサーがより自由に、オープンな国際舞台へ参加できるように公的支援を緊急に整える時期であろう。来年は、日本からより多くのプロデューサーがカートゥーン・コネクションに参加し、アニメーションの国際共同製作の提案をすることを、今回の日本参加にさまざまな便宜を図ったカートゥーン事務局とKOTRAは期待している。
[オフィスH 伊藤裕美]