松竹 映画興行好調で 通期利益を上方修正

映画・演劇事業の松竹は4月12日に、平成25年2月期の通期業績予想を修正した。売上高はこれまで830億5000万円としていたが、これを786億円に引き下げる。
一方、営業利益、経常利益、当期純利益は引き上げた。それぞれ22億7000万円から30億円、5億3000万円から15億3000万円、1億4000万円から10億円に変更した。最終的な数字は、売上げ、利益とも前年を上回る見込みだ。

演劇興行で当初の見込みを下回った作品があったことなどから売上げは、これまでの予想を下回る。しかし、映画興行でヒット作が多かったことから利益が伸びる。東日本大震災による興行全体の落ち込みが回復基調にあることも業績を下支えする。
この春には歌舞伎座地区で再開発を進めてきた歌舞伎タワーが竣工している。歌舞伎座での興行再開とオフィステナント収入が期待出来ることから平成26年2月期も、業績に期待が出来そうだ。

松竹は期間中アニメでは、『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』、『ねらわれた学園』、『劇場版 TIGER & BUNNY ‐The Beginning‐』、『劇場版 FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-』、『スタードライバー THE MOVIE』の配給を手掛けた。また、ODS事業として、興行の好調が伝えられる『機動戦士ガンダムUC』シリーズ、『宇宙戦艦ヤマト2199』シリーズを手がける。

松竹
http://www.shochiku.co.jp/