未就学児の母親の玩具購入頻度は誕生日、クリスマスなど年3回程度 GfK Japan調査

a_1ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社は、1歳から4歳の長子を持つ母親に実施したアンケートを元に、「未就学児童向け玩具の購入実態調査」を発表した。同社は、POSデータや店舗監査データを基に推計したマーケットデータと関連サービスを提供している市場調査会社・GfKの一員である。
調査は、インターネットを用いて2012年11月30日~2012年12月6日までの期間中に行われた。日本在住の20歳から39歳の女性のうち、年齢が1歳から4歳の長子を持つ母親・1000サンプルにもとづいている。なお、今回の調査からはテレビゲームは除外されている。

調査によると、子供のために玩具を購入する頻度は、年に2回と答えた家庭が全体の3分の1強となった。さらに3回以上買い与える家庭も半数ほど存在し、平均して年3回程度の購入の機会があるという結果が出た。
玩具を購入する機会としては、「誕生日」と「クリスマス」という回答が8割と過半を占めた。それ以外のシチュエーションとしては、「何かを達成した時」「子どもの日」などが続く。特に、3~4歳になると「何かを達成した時」という回答が増加している。この時期は、保育園や幼稚園へ通う児童が半数を超えている。

また、祖父母や親戚からのプレゼントの頻度についても、両親からの場合と同様の傾向があった。年齢別で見ると、女児では子どもの成長にともない、玩具を購入する機会が男児に比べて若干減少することがわかった。
GfK Japanでは、女児の場合、洋服など玩具以外のものがプレゼントされる傾向があると分析している。その他、購入する予算や、購入時の重視するポイントなどでも、年齢によって傾向に違いがみられた。

玩具の購入場所としては、約4割がトイザらスをはじめとする「おもちゃ専門店」を選んでいる。また、約2割がアマゾンや楽天といった「インターネットサイト」で購入している。
理由としては、「おもちゃ専門店」については、品揃えの豊富さを挙げる回答がもっとも多かった。また、「インターネットサイト」では、「価格の安さ」が主な理由とされている。さらに、「家電量販店」では、「価格の安さ」の他に「ポイントカード」の存在も重要視されていることがわかった。
実際に、家電量販店で購入した親のうち、約半数が、ポイントを利用したという結果も示された。それ以外の購入場所については、子どもの年齢や性別によって回答に違いが出てきている。GfK Japanは、子どもの成長によって買い物へ行く場所が変化する事が原因と指摘している。

キャラクター・シリーズの所有状況については、「アンパンマン」が男児・女児ともに所有率が8割を超えており、もっと広く浸透していた。それに次ぐ玩具としては、男児の場合は「トミカ」「プラレール」といった乗り物系の玩具の所有率が高かった。
また女児の場合は、「ディズニーキャラクター」や「ハローキティ」といったキャラクター系玩具が多い。今後の購入したいキャラクター・シリーズという設問についてが、男児・女児ともに「レゴ」の回答率が高かった。

GfK Japanでは、近年、普及率が急速に高まっているスマートフォン・タブレット端末の利用状況についても調査を行なっている。その結果として、約4割の親が、これらを子どもの遊び道具として使わせている事がわかった。遊び方としては、「無料のアプリ・ゲーム」が7割以上を占め、「単に触ったり、持ったりするだけ」が2割強となった。
[多摩永遠]

GfK Japan
http://www.gfkrt.com/japan/

b_2