ポケモンUSA ポケモンカードの流通管理開始

ニンテンドウ・オブ・アメリカ(NOA)とポケモンUSAは、現在、NOAが行なっている北米地域のポケモン・トレーディングカードの消費者向けのマーケティングと流通業務をポケモンUSAに移管すると発表した。
NOAは、過去3年間に亘り、ポケモン・トレーディングカードのマーケティングと流通を行って来たが、2006年1月1日以降、業務はポケモンUSAに引継がれる。

ポケモンUSAは、日本でポケモンのライセンス管理やカードゲーム、ゲームソフト、映画事業を手掛ける株式会社ポケモンの子会社として2001年に設立された。日本とアジアを除く世界市場のポケモンブランドと著作権管理を行なっている。
しかし、NOAがマーケティングと流通を行うトレーディングカードについては、これまで対象外であった。今回、ポケモンUSAが、新たにポケモン事業の中核のひとつであるトレーディングカードの管理業務を手掛けることで、海外市場でより一体的、連動的な事業展開が行えることになりそうである。
ポケモンの国内外での成功には、ブランドとライセンス管理の一元化など著作権領域での巧みなビジネスが理由のひとつとしてあげられる。国内だけでなく、海外でもブランド管理を進める姿勢がより明確になったことで、『ポケモン』ブランドの今後のさらなる発展も期待出来そうだ。