東京国際アニメフェア2006動き出す

アニメ分野のビジネスショーとして注目の高い東京国際アニメフェアの2006年開催準備が既に動き始めている。ウェッブ上では8月に決定したイメージキャラクターを使った2006年に向けた新サイトが既にオープンしており、企業出展の募集とコンペティションの公募要項が公開されている。
来年の東京国際アニメフェア2006は、これまでと同様にビジネスのための見本市部門とシンポジウムやステージイベント、特別企画展からなるイベント部門、商業作品と公募作品の両部門を対象にしたコンペティション部門の3つから構成される。会期は、2006年3月23日から26日になり、こちらも例年のように前半2日をビジネスデー、後半2日を一般ファンのための一般デーとして分けている。
入場者数もビジネス関係者も年々増加しており、イベントの認知度も上がっている。次回は、今まで以上の成果が期待出来そうだ。
 
見本市の出展受付は9月1日から既に募集を受け付けている。出展料金は申しこみ時期によって異なるが、インターネットからの申し込みを利用する最低で105,000円からとなっている。この価格は通常のイベントの出展料較べると低額に抑えられており、主催者が中小企業の多いアニメ関連企業の実情に配慮した結果ではないかと思われる。出展者に対しては、11月の下旬に説明会が開催される予定になっている。
 
また、コンペティションの公募作品は11月10日から作品の受付を開始し、1月10日に締め切る予定になっている。公募作品の中からグランプリ、一般部門と学生部門の優秀賞、特別賞、企業賞が選ばれる。そして、受賞作品は様々な媒体での上映機会が与えられることになる。一般デーのイベントについての詳細は、もう少し先になりそうだ。