バンダイ キャラクター育成の新会社を設立

玩具大手のバンダイは、自社グループでキャラクターに関する調査研究活動を行なっているバンダイキャラクター研究所からキャラクターの創出・育成に関する部門を9月1日付でキャラ研として独立させると発表した。新会社は、中長期的な視点からキャラクターの創出・育成を強化し、外部ネットワークと構築の強化を通じてロングセラーキャラクターの創出・育成を目指す。

バンダイ研究所は2005年にキャラクター分野の総合研究所として設立された。これまで、実際のビジネスとは離れた視点でキャラクター関連する研究を行なうほか、「キャラクター研究者育成支援制度」(キャラクター・スカラシップ)を設立し、そうした研究の支援も行なってきた。
キャラクターの開発にも力を入れており「くまのがっこう」シリーズなどのヒット作を生み出している。また、NHK・BSのキャラクター「ななみちゃん」の開発にも参加している。今回はそうしたキャラクター育成部門を研究部門から切り離し、株式会社として独立させるといえる。