株式会社オーバーラップ 2013年に向けてプロジェクト発表 オーバーラップ文庫創刊

2012年12月29日、出版、映像、音楽、ゲーム、グッズなどエンタテインメントの総合事業を掲げる株式会社オーバーラップが、新たな出版レーベルの立ち上げを発表した。2013年4月25日に、オーバーラップ文庫を創刊する。
出版タイトルとして弓弦イズルさんの『IS<インフィニット・ストラトス>』の最新刊、それに志倉千代丸さんの『Occultic;Nine』が明らかにされた。さらにアニメ演出家の山本寛さんをはじめ、合計で20名の執筆陣を発表している。スタート当初からかなりアクティブに活動することになる。

株式会社オーバーラップは、2012年に設立されたエンタテインメント企業である。代表取締役社長は、メディアファクトリー出身の永田勝治氏が務める。永田氏は、ポケットモンスターのカード事業、『ヴァンドレッド』、『ラーゼフォン』などのアニメ事業、ライトノベルレーベルの立ち上げ、『ゼロの使い魔』、『緋弾のアリア』などでのメディアミックスなどで経験が深い。
また、代表取締役副社長を山下喜久氏、専務取締役を岩崎篤史氏が務めている。いずれもメディアファクトリーでメディア・コンテンツ関連事業の経験が深い。メディアファクトリーは2011年11月に資本がリクルートから角川グループホールディングスに移行している。永田氏らが、これを機会に自身の会社を立ち上げたかたちだ。

今回は出版レーベルの展開発表となったが、経営陣のキャリアからオーバーラップが今後エンタテイメントの様々な事業に進出することは間違いなさそうだ。同じ12月29日には、『IS<インフィニット・ストラトス>』のライブイベント開催も発表されている。
また、会社の事業内容でも、映像・アニメ事業、音楽事業、書籍出版事業、キャラクター商品事業、ポケモン事業を掲げている。今後の同社の展開は、出版、アニメ、キャラクターなど幅広い業界から注目を集めそうだ。

株式会社オーバーラップ
http://over-lap.co.jp
オーバーラップ文庫
http://over-lap.co.jp/bunko/