「日本のコンテンツを海外に売り込む」 国際デジタル展開などでビジネスセミナー

デジタルコンテンツ協会(DCAJ)は、12月20日に「日本のコンテンツを海外に売り込む」と題したビジネスセミナーを開催する。これまでも定期的に行ってきたコンテンツビジネスに携わる人に向けたものである。20日の15時半から17時20分まで、東京・千代田区番町の一般財団法人デジタルコンテンツ協会会議室にて行う。
毎回、興味深いテーマを取り上げるDCAJのセミナーだが、今回はとりわけ興味深いトピックスにフォーカスした。昨今、コンテンツのビジネス面での海外進出の必要性が指摘される中で、海外展開に向けて新しい試みを手がける事例にフォーカスする。

グロザス代表取締役社長 津田正利さんによる「国産デジタルコンテンツの海外展開のために~「ローカライズ」(地域対応化)の重要性~」、「商工会議所による国際活動支援事業について(仮題)」(日本商工会議所/東京商工会議所 国際部長小林恒行さん)、「DLEの海外進出」(ディー・エル・イー Global Business Development General Manager 岡本芳明さん)である。
グロザスは、産業革新機構とニフティが共同出資するデジタルコンテンツの海外展開企業、海外に向けたデジタルコンテンツ提供のプラットフォームサービス、そしてインターネットを活用したEC事業者の海外を支援する。まず、インドネシアから取り組みを始めるが興味深い内容になりそうだ。

DLEはアジアを中心に数多くのビジネスノパートナーシップを結ぶなど、海外進出に積極的だ。さらに2012年11月には、米国のベンチャーキャピタルの出資を受けて、米国法人を設立したばかりである。
米国では日本で成功を収めたげたクオリティの高い作品を、早く、大量に制作するビジネスモデルを導入するとしている。こちらも今後の展開が注目される。

申し込みはDCAJのサイトから。DCAJ法人会員は無料、非会員2000円(税込)となる。定員は40名となっており、定員に達し次第締め切る。

DCAJビジネスセミナー(第5回)
「日本のコンテンツを海外に売り込む」
日時: 2012年12月20日(木) 15時半~17時20分(15:00開場)
会場: 一般財団法人デジタルコンテンツ協会 会議室
http://www.dcaj.org/access/

[プログラム]
15時半~16時
「国産デジタルコンテンツの海外展開のために~「ローカライズ」(地域対応化)の重要性~」
株式会社グロザス 代表取締役社長 津田正利

16時~16時半
「商工会議所による国際活動支援事業について(仮題)」
日本商工会議所/東京商工会議所 国際部長 小林恒行

16時40分~17時10分
「DLEの海外進出」
株式会社ディー・エル・イー Global Business Development General Manager 岡本芳明
17時20分終了
※都合によりプログラム等が変更になる場合あり。

定員: 40名
参加料: DCAJ法人会員無料、非会員2000円(税込)
申込方法: http://www.dcaj.org/news/20121204_000055.html

定員となり次第、締め切り。