シンガポールのアニメ会議に角川歴彦氏、細田守氏らゲスト

 11月20日に、シンガポールでアニメーション・アジア・コンファレンス(Animation Asia Conference)2009[AAC09]と題したアニメビジネスの国際会議が行われる。この会議は翌21日、22日に開催される日本アニメの大型イベント アニメ・フェスティバル・アジア2009(AFA09)と連動している。
 AFA09が地域のアニメファンのためのイベントであるのに対して、AAC09は日本と東南アジア地域のアニメビジネスの活性化を目指すものとなっている。ビジネスシンポジウムやビジネスショーケース、ビジネスマッチングなど多彩な企画が設けられる。

 このほどこのAAC09のメインゲストが明らかになった。日本からは角川グループホールディングスの角川歴彦代表取締役会長兼CEO、アニメ監督の細田守氏、アニメ音楽会社フライングドッグの代表取締役社長佐々木史郎氏、電通取締役の杉山恒太郎氏が招かれる。
 角川歴彦氏は会議全体の基調講演を務める予定である。細田氏は「大作アニメーション制作の内側: Insights Into Creating Animation Blockbusters」と題した講演を行う。また、佐々木氏は「Music : New Dimensions in Storytelling – Producing Successful Anime Soundtracks」で成功するアニメ音楽について、杉山氏は「Value Creation through Branded Entertainment」でエンタテイメントのブランド価値について語る。
 このほか現地のビジネスエグゼクティブの講演やパネルディカッション、ネットワーキングパーティーなど丸1日、日本のアニメビジネスをテーマにした企画が続く。

 また、当日は日本の有力アニメスタジオと現地の企業によるインダストリー・ショウケースとビジネスマッチングも予定されている。日本からはマッドハウス、竜の子プロダクション、プロダクション I.G、GONZOの参加が決定している。
 日本のアニメスタジオは最新作の紹介を行い、共同製作やライセンス、配給などのビジネス機会を探る。AAC09は国際会議であるだけでなく、アニメ作品のビジネス見本市も目指すことになる。

 現在、日本のアニメやマンガをテーマにした大規模なイベントが世界各地で開催され、また急成長している。しかし、その多くはファン向けのイベントに留まっており、こうした盛り上がりをビジネスに結びつけるものは少ない。唯一、東京国際アニメフェアがその役割を果たしている。
 また、海外のアニメーションフェスティバルでは、世界最大のアニメーション映画祭アヌシーの見本市MIFAもヨーロッパ作品が中心である。MIPTVやMIPCOMは、番組見本市でアニメーションやアニメは大量の作品なかに埋もれがちだ。
 日本のアニメ、あるいはアニメスタイルの作品に特化したビジネスイベントを、そうした作品が特に人気が高いアジア地域で行うことにビジネスチャンスはあるかもしれない。AACは今年初めての試みだが、今後もその動きは注目される。

Animation Asia Conference2009[AAC09]
http://www.afa09.com/aac.html


TDCS開講!