米国Netflix ディズニー映画・アニメーションの独占配信権を獲得 2016年開始

米国の大手動画配信サービスNetflixが、ビジネス拡大に向けウォルト・ディズニーと大きな契約を結んだ。2012年12月4日、Netflixはウォルト・ディズニー カンパニーからディズニーの新作実写映画とアニメーションの有料テレビにおける独占配信権を獲得したことを発表した。
契約にはディズニースタジオ(実写映画)、ディズニー・アニメーション スタジオ、ピクサー・アニメーション スタジオ、マーベル スタジオ、ディズニー・ネイチャーの各作品が含まれる。アニメーションからスーパーヒーロー、アクション、ドラマ、ラブコメまで幅広い映画が含まれることになる。

ただし、契約の開始は2016年公開の映画からと少し先になる。しかし、サービス開始後はNetflixのメンバーは、テレビ、PC、タブレット、スマートフォンなどのマルチプラットフォームで最新作を視聴することが可能になる。
国内有力スタジオの作品を確保することで、Netflixのサービスは他社サービスに大きな優位を獲得出来る。しかし、今回の契約にあたり支払われた金額などは明らかにされていない。
これとは別にNetflixは、ディズニーの旧作配信権も獲得した。この中には、『ダンボ』や『ポカホンタス』、『アリス・イン・ワンダーランド』などの人気作品が含まれる。こちらはNetflixのラインナップ拡大につながる。

米国にはHuluやAmazon、通信会社などによるビデオ・デマンド型の動画配信サービスが数多く提供されている。そのなかでインターネットを利用したDVDレンタルで急成長したNetflixは、独自の戦略を取る。DVDレンタル同様の月額見放題サービスも、売りのひとつである。DVDレンタルのサービスを維持しながら、動画配信でもその顧客の取り込みを目指す。
しかし、一方でシェアは高いが、配信コンテンツのラインナップは不十分と指摘も多かった。今回のディズニーとの契約で、そうした評判を一気に覆す狙いがありそうだ。また、米国有数のメディアカンパニーとの契約は、今後他の会社との契約の呼び水となる可能性もある。

Netflix
http://netflix.com/