ADKが2014年夏に本社移転 築地から虎ノ門に

ADKの相性で知られる国内広告大手のアサツーディ・ケイが、2014年夏ごろを目途に本社を移転する。11月6日に発表された。
移転先は、現在、東京都港区虎ノ門一丁目に建設中の環状第二号線III街区プロジェクトとなる。同プロジェクトは、幻と言われた環状二号線新橋・虎ノ門地区(通称マッカーサー道路)と一体開発している。地上52階247メートルの超高層複合ビルとなる。ADKは本社移転により、業務効率の向上が望めるとしている。

ADKの現在の本社は東京都中央区築地のADK松竹スクエアだが、より都心へ移動することになる。同社は2014年3月開催の定時株主総会で本社所在地の定款一部変更をする予定だ。
ADKは広告会社の中でもアニメを得意としていることで知られる。取扱い作品には『クレヨンしんちゃん』、『ドラえもん』などの人気作品が数多い。

アサツーディ・ケイ http://www.adk.jp/