デジタルコンテンツEXPOに最新テクノロジー集合 CG、映画、ARなど

デジタルコンテンツの最新テクノロジーを紹介するデジタルコンテンツEXPO2012(DC EXPO2012)が、10月25日より27日まで東京・青梅の日本科学未来館で開催される。
毎年、多くの展示やセミナー、ワークショップ、シンポジウムなどによるデジタルコンテンツ技術情報の発信、交換の場として好評だ。2012年も引き続き、デジタルコンテンツのハブとしての機能が期待されている。

なかでも2012年に注目される企画が、「Innovative Technologies」の会場展示である。「Innovative Technologies」は、経済産業省が推進するコンテンツ技術イノベーション促進事業の一環として実施されたものだ。日本の優れたコンテンツ技術の発掘と評価することを目的に、この分野で先進的な試みをする技術を募集した。
応募のあったなかから特に優れた技術を採択、DC EXPOで披露する。今回は選ばれた22件は、メディアで大きな話題になったものから、知る人ぞ知るものまで多彩だ。2012年のデジタルコンテンツの最新情報を知る場となりそうだ。

メディアで大きな話題を呼んだのは、鳥取取大学工学部応用数理工学科石井研究室による「ヒット現象の数理モデル」だ。映画公開前後に投じられた1日ごとの広告・報道・宣伝費用、宣伝期間、知人から薦められる頻度で観客動員数を予測する「ヒット現象の数理モデル」を開発した。限られた宣伝費用で最大限の効果を生み出すことが可能としている。
セルシスが開発した「QUMARION」は、人型入力デバイスを用いることで誰でも直感的に3DCGキャラクターのポーズ付けやモーション作成が行えようになる。高度な技術で、テクノロジーをより身近にする。

このほかスクウェア・エニックスによる、プリレンダーCG映像の品質を劣化させることなくリアルタイム映像として再現する「Agni’s Philosophy」、過去に記録編集された映像を「いま目の前に起きている現実」として体験するプラットフォーム「代替現実システム」(理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チーム)をはじめ拡張現実や3D(立体視)、ロボットなどかなり興味深いものとなっている。
特徴的なのは、デジタルコンテンツというとエンタテイメントが強調されることが多いが、ここではデジタルコンテンツの進歩が医療や自動車など様々な産業と結びついていることだ。DC EXPO2012はデジタルコンテンツとテクノロジーを理解するイベントとしても活用したい。

デジタルコンテンツEXPO 2012
DIGITAL CONTENT EXPO 2012
http://www.dcexpo.jp/2012/index.html

会期: 2012年10月25日 (木)〜27日(土)
会場: 日本科学未来館 http://www.miraikan.jst.go.jp/
主催: 経済産業省、一般財団法人デジタルコンテンツ協会

[Innovative Technologies] 採択案件

■ 「ワールドワールドズ」(回転する地球)(二人が回る):360度パノラマ環境に近い携帯と固定/ルームウエアーインタフェース 全体を使ったエンターテイメント
会津大学 スペーシャル メディア グループ; Eyes, JAPAN; GClue

■ ヒット現象の数理モデル
鳥取大学 工学部 応用数理工学科 石井研究室

■ リアルタイム3次元心拍動シミュレータ
国立循環器病研究センター 研究所、東京大学大学院 情報理工学系研究科、滋賀医科大学
循環器内科、理化学研究所基幹研究所

■ 代替現実(Substitutional Reality: SR)システム
理化学研究所 脳科学総合研究センター 適応知性研究チーム

■ 高速・高精度な顔画像処理に基づくものまねアバターシステム
慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 満倉研究室

■ インテグラル立体テレビ
日本放送協会

■ MM-Space: 次世代ビデオ会議のための会話場再構成システム
NTTコミュニケーション科学基礎研究所

■ 新感覚タッチパネル(リアル触感の実現)
京セラ株式会社

■ 透明プリウス
慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 稲見研究室

■ Agni’s Philosophy
株式会社スクウェア・エニックス

■ 世界初、AR(拡張現実)情報をフロントガラスの前方に映し出すヘッドアップディスプレイ
「AR HUDユニット」
パイオニア株式会社

■ メディアブロックチェア
チームラボ株式会社

■ 2次元通信によるヒューマンインターフェース
東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 篠田研究室

■ enchant.js
株式会社ユビキタスエンターテインメント

■ 宙海月-触手ロボット
東京大学大学院 情報学環 河口研究室

■ 追体験のためのバーチャル身体技術
首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 池井研究室、 東京大学大学院 情報学環
広田研究室、 日本電信電話株式会社 コミュニケーション科学基礎研究所

■ 拡張満腹感
東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 廣瀬・谷川研究室

■ DIVE into World Heritage 3D
パナソニック株式会社

■ 従来TVと互換性のある新3D放送方式「Advanced Stereo 3D」
株式会社NHKメディアテクノロジー

■ QUMARION(QUMA技術:入力装置ならびに制御技術)
株式会社セルシス/ソフトイーサ株式会社/株式会社ビビアン
■ Pinch: 複数の画面をつまんで繋げるユーザー・インターフェース

東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 メディア学専攻 コム・メディア・デザイ
ン研究室

■ Hand-rewriting
東京大学大学院 情報理工学系研究科/学際情報学府 苗村研究室(橋田朋子、西村光平、
苗村健)