コミコン2012:電子書籍事情  専門ショップを巻き込んだデジタルコミック配信は離陸するのか?

国内ではここ1、2年電子書籍を巡る環境が急速に変化している。読書習慣に及ぼす影響への関心が高まり、ビジネスチャンスとみて多くの企業が市場参入をしている。そうした国内の電子書籍のトレンドを牽引する大きな力がマンガであることは多くの人が認めるところだ。
一方で、出版物のデジタル化のグローバルなトレンドを生み出している米国でのコミック・マンガのデジタル化はどうなっているのだろうか?その一端が、7月12日から15日までサンディエゴのコンベンションセンターで開催されたコミコン2012(コミコンインターナショナル)に表れていた。

コミコン2012(コミコンインターナショナル)は、米国最大のエンタテイメントの祭典として、メディアから大きな注目を浴びる。近年は、新作映画や放送番組の発表、玩具、ゲームのプロモーションも積極的に行われるが、もともとはアメリカンコミックスのファンイベントだ。会場に占めるコミック、出版社の存在感は依然大きい。
ところが最新のデジタルコミック事情を掴むと思って、イベントの中心であるエキビジョンホールを眺めるとやや外される。そこからコミックのデジタル化の波はほとんど感じられないからだ。
実際にデジタル分野に最も熱心に取り組んでいるのは、ブース全体をデンジタルの日本マンガ配信やアニメ動画配信のプロモーションで埋め尽くしたVIZ Mediaだ。米国企業に関しては、依然、リーフと呼ばれるアメコミの薄い定期刊行作品、グラフィックノベルと呼ばれる単行本の展示・販売をしている。デジタルコミックの時代もあまりピンと来ない。

会場で目を惹いたものもある。昨年までは、パネルイベントのみだったComiXologyが今年から大きなブースを設けていた。新たな企業が出展ブースを確保するのが難しいとされているコミコンのエキビジョンホールだけに、コミコンとしてもデジタルコミックの重要性を認識しているのだろう。
ただし、ComiXologyのビジネスは好調とされているが、デジタルコミックの流通プラットフォームをプロモーションするブースは賑わっているとは言えなかった。リアルな場で、デジタルなものを宣伝する難しさを感じさせた。

デジタルコミックのトレンドを感じさせたのは、よりコアなファンが集まる「パネル」と呼ばれるトークイベントである。この中にはVIZ Mediaによるデジタル版少年ジャンプ「Shonen Jump Alpha」をテーマにしたもの、日本マンガのデジタルプラットフォーム「JManga」などもある。
新興出版社Archaiaによる、グラフィックノベルのデジタル版先行発売といった発表もあった。ComiXologyの存在の大きさや勢いも、むしろパネルイベントで感じられる。
 

次ページへ進む