CCC 台湾の大手映画配給会社に出資 得利影視の約33.4%を獲得

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、台湾の大手企業グループ CMCグループ(中環集団)と資本・業務提携をする。6月25日、CCCはCMC(中環股份有限公司)の子会社 得利影視の発行済み株式数の約33.4%を獲得することを発表した。出資額は約2.44億台湾ドル、日本円で6億5000万円相当となる。

CMCグループは光ディスク製造の世界最大手企業で、得利影視はグループの中でエンタテイメント事業を手掛ける。台湾の映画配給大手で、地域でハリウッド映画や日本のスタジオジブリ作品、イギリスBBC製作の映像作品など多くの有力コンテンツの販売代理権を持つ。映画配給に加えて、映像ソフト販売も行う。
また、映画やテレビドラマの製作出資にも積極的だ。『海角7号、君を想う』、『転べ!信ちゃん』、『セディク・バレ』などのヒット作品がある。
得利影視はCCCとの提携で、東北アジア作品の版権の取得を拡大、そして台湾映画の輸出拡大を目指す。さらにCCCとCMCグループは提携を足掛かりに、中国をはじめ、東北アジアを中心とした国際的なエンタテインメント事業を進めていく。日台の有力プレイヤーの協力によるグローバルビジネス拡大が期待される。

CCCは音楽・映像パッケージのレンタル、販売、配信などの国内流通の大手企業である。国内の広い地域をカバーする店舗ネットワークや販売力から映像の幅広い分野で存在感が増している。
今回は海外ビジネス、そして映画配給という同社の今後の方向性のひとつが明確になったかたちだ。近年、国内の映画関連業界では、海外展開の際の現地での放送メディア、配給網、商品流通などインフラの重要性を指摘されることが増えている。CCCは日本のコンテンツの人気が高い台湾で、映画興行、映像パッケージ流通のふたつを確保することになる。こうした点でも、今後のCCCの台湾での展開は注目される。

CMCグループ http://www.cmcnet.com.tw/
得利影視 http://www.deltamac.com.tw/

カルチュア・コンビニエンス・クラブ http://www.ccc.co.jp/