CEDEC AWARDS 優秀賞5部門ノミネート 決定!

8月20日(月)から22日(水)まで、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で、コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2012(CEDEC 2012)が開催される。
CEDECはコンピュータ・エンタテインメント開発者向けの大型カンファレンスで、今回のCEDECのテーマはコンピュータエンターテインメントが持つ多様性を、自らの発展の源泉として積極的に活かしていくことを標榜する強い意思を表明した「エンターテインメント・ダイバーシティとなる。

そのCEDECのメインイベントのひとつとなるのが、今年で5回目を迎える「CEDEC AWARDS」である。本賞はコンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称え表彰することで、開発者全体の士気高揚を図ると同時に、開発技術の普及・啓蒙とコンピュータエンターテインメント産業全体の発展を目指すというコンセプトを持つ賞である。2008年の設立以来、ほかにない賞として注目を浴びている。
2012年も、「プログラミング・開発環境」、「ビジュアル・アーツ」、「サウンド」、「ネットワーク」、「ゲームデザイン」の5部門からそれぞれ5つ合計25の個人とグループがノミネート委員会により優秀賞が選ばれた。優秀賞は、最優秀賞ノミネートとも兼ねている。

CEDECでは受講申込者から投票受付を行い、各部門の最優秀賞授賞者を決定する。発表はCEDEC 2012の会期2日目、8月21日に贈賞式と合わせて行われる。さらに特別賞とゲーム関連書籍の著者に対する著述賞も決定する。
専門的にもみえる賞「CEDEC AWARDS」ではあるが、授賞対象には近年のコンピュータエンタテインメント業界、エンタテイメントテクノロジーのトレンドも反映している。[ネットワーク部門]では、現在、業界でもホットなスマートフォン上でヒットを飛ばし、モバイル端末上での高品質なネットワークゲームの実現した「キングダム・コンクエスト」 開発チーム、国内トップクラスのレンダー、アニメーション表現と積極的な情報開示を行った「Dragon’s Dogma」 開発チーム(株式会社カプコン)等、話題の技術も数多い。

サウンド部門には、ゲームサウンドの枠を超えた、ゲーム発のJ-POPソングを魅力的に表現したとして、Xbox360版「アイドルマスター」シリーズ開発チーム(バンダイナムコゲームス)の名前も挙がった。さらにゲームデザイン部門では、アメーバピグ」開発・運営チームや「おさわり探偵 なめこ栽培キット」開発チームが優秀賞・ノミネートとなった。
なおCEDEC運営委員会では、本日6月20日(水)からCEDEC2012の受講申し込み受付を公式Webサイト(URL: http://cedec.cesa.or.jp/ )で開始した。受講料割引などの特典があるレギュラーパスの早期申込締切は7月20日(金)、すべての受講申込締切りは8月13日(月)となっている。
[David Y]

CEDEC 2012 公式Webサイト
http://cedec.cesa.or.jp/2012/

CEDEC 2012優秀賞授賞者(最優秀賞授賞ノミネート)

[プログラミング・開発環境部門]
■新しいゲームデザインを切り拓くオープンな革新的技術
「Kinect for Windows/Xbox 360 Kinect」開発チーム(日本マイクロソフト)
■次世代のグラフィックスの実現とWebと融合したオンライン要素
「Battlefield 3」 開発チーム(エレクトロニック・アーツ)
■音声認識を利用したAIコントロールやプロシージャルアニメーションの実装「Binary Domain」 開発チーム(株式会社セガ)
■ゲーム開発者の裾野をグローバルかつボーダーレスに広げる活動
Susan Gold(国際ゲーム開発者協会 (IGDA) Education SIG)
■国内トップクラスのレンダー、アニメーション表現と積極的な情報開示
「Dragon’s Dogma」 開発チーム(株式会社カプコン)

[ビジュアル・アーツ部門]
■重力という移動の新基軸
「GRAVITY DAZE」 開発チーム(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)
■引き算から生まれる新しい可能性
「Journey(風の旅ビト)」 開発チーム(thatgamecompany)
■DirectX11世代のグラフィックス・イノベイター
「Battlefield 3」 開発チーム(エレクトロニック・アーツ)
■自由な表現の中にも洗練されたユーザーインターフェース
成瀬 つばさ(「ラップムシ」作者)
■ゲーム内に存在していると感じさせるアートワーク
「The Elder Scrolls V: Skyrim」 開発チーム( Bethesda Game Studios)

[ゲームデザイン部門]
■女性比率が高い日本ならではのシステムデザインと運営
「アメーバピグ」開発・運営チーム(株式会社サイバーエージェント)
■複数のゲームシステムとマネタイズを統合した完成度の高さ
「パズル&ドラゴンズ」開発チーム( ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)
■スワイプ操作の気持ちよさを幅広いユーザーが体感
「おさわり探偵 なめこ栽培キット」開発チーム(株式会社ビーワークス)
■「移動」をメインのゲームシステムとした新しい操作感
「GRAVITY DAZE」 企画チーム(株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)
■震災に起因する節電をゲーミフィケーションに昇華
井上 明人(「iDenkiMeter」作者 国際大学GLOCOM)

[サウンド部門]
■作品と見事に調和した自然で丁寧なインタラクティブサウンド
「Journey(風の旅ビト)」 サウンド制作チーム(thatgamecompany)
■高精度のリアルタイムBPM解析
増野 宏之(アークシステムワークス株式会社)
■ゲームサウンドの枠を超えた、ゲーム発のJ-POPソング
「アイドルマスター」シリーズ楽曲制作チーム(株式会社バンダイナムコスタジオ)
■本格的なシンセザイザーを身近にし、音の楽しさを広める積極的活動
佐野 電磁(株式会社DETUNE)
■音楽の楽器音をビジュアル化し、任意の楽器音のみオーディオ加工できる新技術の開発
「Roland R-MIX」開発チーム(ローランド株式会社)

[ネットワーク部門]
■多くのwebサービスを影から支える頼れる技術の開発と共有
古橋 貞之(Treasure Data, Inc.)
■モバイル端末上での高品質なネットワークゲームの実現
「キングダム・コンクエスト」 開発チーム(株式会社セガ)
■多くの若きゲーム開発者を生み出すゲームエンジンの開発と共有
「enchant.js」 開発チーム(株式会社ユビキタスエンターテインメント)
■いまや開発者コミュニティに無くてはならない必須ツールの運用
はなずきん・まっちゃだいふく・はせがわようすけ(IT勉強会カレンダー)
■日本のオンラインゲーム業界の発展への長年の尽力
川口 洋司JOGA:一般社団法人日本オンラインゲーム協会)