中国最大級のネット著作権侵害掲示板が運営停止 マカオ・香港税関が検挙

中国語圏でインターネット上の知的侵害行為の対策が拡大している。6月18日、コンテンツの権利者団体である一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は、香港とマカオの税関が共同で、中国最大級の著作権侵害に関する掲示板「FDZone」の運営者を逮捕したことを明らかにした。これにより「FDZone」は運営を停止した。

CODAによれば、「FDZone」は著作権侵害に関する中国最大級の掲示板である。掲示板では、権利者に無断でアニメーションや映画、音楽などがアップロードされていた。この中には、日本アニメのセクションもあり、確認されただけでも、『機動戦士ガンダム』や『名探偵コナン』、『銀魂』、『BLEACH』、『ケロロ軍曹』などのタイトルがあった。
サイトは2003年に開設、有料会員3万人、無料会員は89万人に達していた。ウェブサイトランキングのAlexaによれば、台湾と香港でいずれも総合100位前後に位置する有力サイトであった。

今回の検挙は、香港の調査機関IFACT-GCが「FDZone」で著作権侵害が行われている証拠を入手、これをマカオ税関に提出した。マカオ税関は、サーバーが香港に所在すること突き止め、両地域の税関による合同捜査を行った。
両税関は6月7日に、「FDZone」の運営者とその家族の計3人を知的財産権侵害とマネーロンダリングの容疑で逮捕した。また、7つのサーバーを押収した。

一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)
http://www.coda-cj.jp/