バンダイ コーポレイトサイトをリニューアル SNSにも対応

玩具大手のバンダイが、6月5日に自社サイトのリニューアルを行った。新しいサイトではデザインを一新し、キャラクターや商品を前面に押し出したものとなっている。多くの人が使いやすいサイトを目的にユニバーサルデザインを採用している。
また、様々な商品情報、最新情報を伝える。バンダイが商品化しているキャラクターやキャンペーン、さらに各地で開催するイベント情報などもより探しやすくなったという。さらにソーシャルネットワークサービス(SNS)やマルチデバイスにも対応するなど情報発信能力を高める。

トップページでは、これまで使用してきたFLASHでのバナー表示を廃止した。これにより多様化するデバイスでPCと同様の表示を可能としている。
ソーシャルメディアとの連携では、近年、企業サイトでも導入が見られるようになってきたSNSとの連携ボタンを設置する。TwitterやFacebook、Google+、mixi、はてななどとつながる。これらは各商品情報ページとも連動しており、共感型のマーケティングの一翼を担うことになる。
バンダイは、今後もコーポレートサイトでの最新情報の発信に力を入れていくとしている。

バンダイ
http://www.bandai.co.jp/