練馬区 平成24年もアニメ関連事業者の進出支援 

練馬区は平成24年度に、新たに区内に進出するアニメ関連事業者を支援する。同区が設ける補助金制度を利用する。
この補助金制度は平成23年度に創設されている。アニメ産業の集積地として知られる区の産業基盤の強化を目指している。産業活性化策のひとつとして、平成23年度に引き続き、今年も募集する。

練馬区は、日本の商業アニメの発祥の地といわれている。現在区内には、東映アニメーションや虫プロダクションをはじめ多数のアニメーション制作会社が存在している。練馬区は、アニメを地場産業として位置づけ、近年は関連産業の振興に力を入れている。
アニメ関連産業の集積の強化、共同事業の実施などを通じて区内アニメ産業全体の活性化を目指す。

補助の対象となるのは、2013年3月までに練馬区内に新たに事業所の移転、新設、増設をするアニメ制作企業、関連映像・コンテンツ企業になる。
補助内容は、移転費用の支援、設備・改装工事費・制作関連機器購入費の支援、さらに毎月の賃借料への支援の3点からなる。

移転費用は初年度のみ上限200万円、工事費なども初年度のみで上限100万円までで費用の1/2を補助する。賃借料は最長2015年3月まで、限度額月20万円で全体の1/2を補助する。移転の準備から移転後まで、かなり魅力のある制度となっている。
ただし、募集は1社程度となっている。6月15日までに応募申込書を提出後、6月29日までに審査書類を提出、7月に書類審査と面接審査による選考を実施する。
詳しくは練馬区の公式サイトにて確認出来る。

練馬区

練馬区内に事業所を開設するアニメ制作関連事業者の募集について
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kusei/sangyo/oshirase/anime_hojo.html