セガサミーHD 特損発生で業績予想下方修正 ゲーム部門構造改革へ

エンタテインメント業界大手のセガサミーホールディングスは、3月30日に平成24年3月期通期連結業績予想を下方修正した。修正理由は、パチスロ事業でパチンコ・パチスロの販売が前回予想を下回る見通しとなったほか、セガを中心としたコンシューマ事業が苦戦した。ゲームソフト関連を中心に特別損失を計上、それを業績予想に反映させる。
連結売上高を4400億円から3940億円に引き下げるほか、営業利益を770億円から600億円、経常利益を755億円から595億円、当期純利益を380億円から200億円に変更する。利益面ではいずれも前年を下回ることになる。

またセガサミーホールディングスは、セガが中心となるコンシューマ事業の構造改革も明らかにしている。同社によれば、家庭用ゲームソフト市場は欧米の厳しい経済環境や業界を取り巻く環境の急速な変化により、今期は営業損失を計上する見込みだ。
これを受けて、コンシューマ事業の収益改善とあらたに成長を目指すために欧米市場での家庭用ゲームソフト分野の組織を合理化する。同時にモバイル・オンラインゲーム分野の開発に力を入れる。
開発中の欧米市場向けタイトルの収益見通しを精査し、一部タイトルの開発を中止する。『Sonic the Hedgehog』、『Football Manager』、『Total War』、『Aliens』などの優良タイトルにフォーカスする方針だ。この構造改革に伴う費用として49 億円を原価として、71 億円を特別損失に計上する。