マーベラスAQLが英国子会社設立 欧州市場を視野

総合エンタテインメント企業のマーベラスAQLは、2012年4月に英国法人MAQL Europe Limitedをイングランド南西部のタンブリッジウェルズに設立する。資本金は1億円、マーベラスAQLが全額出資する。CEOには、ハリー・ホルムウッド氏が就任する。
MAQL Europeの設立で、ヨーロッパ地域でのオンラインゲーム、モバイルゲームなどの運営及びマーケティングを強化する。世界的な成長産業であるオンラインゲームを中心に、ヨーロッパ市場の開拓を目指す。

マーベラスAQLは、海外事業展開に積極的だ。2011年11月には海外ビジネスの推進を目的に海外事業部を設立した。日本のコンテンツの北米、欧州、アジアへの展開を目指している。
ゲーム、音楽、アニメ、舞台と手掛けるマーベラスAQLだが、グロ-バルビジネスではゲーム、特にオンラインゲーム、モバイルゲームを重視している。さらに地域では、これまで北米市場に力を入れていた。2007年に旧AQインタラクティブが米国のゲームソフトの販売会社XSEED JKSを買収、子会社化している。また、2011年11月には、米国のソーシャルゲーム開発会社Checkpoint Studios Incにも出資している。巨大な北米ソーシャルゲーム市場を狙う。

マーベラスAQLによれば、欧州は北米とほぼ同規模の市場がある。このため欧州進出は、経営上重要な課題だったという。さらに同社は北米、欧州に加えて、アジアも重要な地域としている。今後はアジア地域での同社の動向が注視される。

マーベラスAQL http://www.maql.co.jp/