日本TVドラマ海賊版DVD 台湾で一斉摘発

海外流通促進機構(CODA)は、2012年3月1日に台湾で保護智慧財産権警察(IPR警察)による日本コンテンツの海賊版の一斉取締りが行われたことを明らかにした。
この一斉取締役はCODAと公益財団法人台湾著作権保護基金会(TFACT)との協力をによって実施された。TFACTは、台湾の著作権保護促進・侵害監視を目的とする団体である。台湾において日本のCODAと同様の役割を果たしている。CODAとTFACTは業務提携を行っている。
3月1日の取締りで対象となったのは、台北市とその周辺にある海賊版販売店3店舗である。取締りの結果、合計で8000枚の日本コンテンツの海賊版DVDが押収された。この中には人気ドラマの『坂の上の雲』や『家政婦のミタ』、『深夜食堂第二部』などが含まれている。

IPR警察によるに日本コンテンツ関連の取締りは、昨年11月より継続的に行われている。3月1日の取締りも含め5店舗を摘発、合計で約1万枚の海賊版DVDを押収、それぞれの経営者を逮捕している。
これはCODAの要請にもとづいて実施されているという。CODAによれば、台湾で多い日本のテレビ番組の海賊版を排除すること目的としている。

コンテンツ海外流通促進機構(CODA)  http://www.coda-cj.jp/