GDH 子供向けアニメの新ブランド設立

 子会社GONZOを通じてハイクオリティなアニメ作品を提供しているGDHは7月20日付けで新たにキッズ向けアニメの制作に特化したアニメ会社株式会社ゴンジーノを新たに設立すると発表した。資本金は1億円、新会社代表取締役には吉田悟氏が就任する。

 GDHはこれまでアニメ制作子会社GONZOを通じて、主にマニア向けのハイエンドな作品を制作しこの分野で高い競争力を持ってきた。しかし、近年の業容拡大に伴い新たにキッズ向け市場、劇場アニメ市場、実写映画市場への参入を図っている。これまでキッズ市場向け作品は、GONZO制作アニメの中でのGONZINOのブランドにて制作を行っており、『トランスフォーマー』、『カレイドスター』といった作品が含まれている。
 GDHによれば、今回キッズ向けブランドのGONZINOの作品を強化するためにゴンジーノを設立し、キッズ向け市場に精通した企画・制作スタッフを充実させ本格的な市場参入を狙うという。