海外サイトPANDORA.TVに特撮番組違法アップ 男性逮捕

群馬県警生活安全企画課と前橋署は、2月23日に海外の動画配信サイトのサーバーに、特撮番組を違法にアップロードした札幌市在住44歳の男性会社員を著作権法違反の疑いで逮捕した。デジタルコンテンツの著作権保護活動をするコンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が明らかにした。

発表によればこの男性は、2011年11月13日頃に、自宅のPCから韓国・ソウル市サーバーが設置されているPANDORA.TVに人気特撮番組の『仮面ライダーフォーゼ』第10話「月・下・激・突」の動画をを著作権者である東映に未許諾でアップロードした。
PANDORA.TV は、Pandora TV Inc.運営する動画ストリーミング配信サイトで、日本国内を含め不特定多数のインターネットユーザーが視聴出来る。PANDORA.TVは、国内のテレビ番組、アニメなどが多数無許諾でアップロードされていることで知られるが、PANDORA.TVを利用した著作権法違反の摘発は全国初である。

逮捕のきっかけは、2011月に群馬県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて、著作権者に連絡した。逮捕された男性はおよそ1年半前からPANDORA.TVと、やはり海外にサーバーがあるとされている別の動画配信サイトFC2動画に約1700タイトルの動画をアップロードしていたものとみられている。・FC2動画のアップロードに対する容疑でも捜査されている。
調べに対して男性は、「アフィリエイトによる広告収入目的で動画を アップロードしていた」、「多くの動画をアップロードすることで有名になりたかった」などと供述しているという。

近年、国内ではインターネットへの違法なコンテンツアップロードの容疑で、逮捕されるケースが増えている。一方で、海外にサーバーが場合の対応は難しいとされ、課題となっていた。今回は日本からのアップロードということで、逮捕に踏み切ったことになる。インターネット上の違法コンテンツ巡る新たな動きである。
さらに最近は、海外でもファイル交換ソフトを利用した日本コンテンツの違法アップロードなどを権利者が警告、訴える動きが強まっている。権利者がインターネット上の違法アップロード対策に、これまでより積極的に対応する動きが強まっている。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
http://www2.accsjp.or.jp/