東京ゲームショウ 今年もビジネス機能強化、アジア重視

 2月17日、東京・ホテルニューオータニにて、コンピュータエンターテイメント協会(CESA)が主催する2012年の東京ゲームショウ2012(TGS2012)の開催発表会が行われた。TGS2012は、例年と同様、幕張メッセを会場に、9月20日から23日まで、2日間のビジネスデイ、2日間の一般公開日で実施する。
 2011年は期間中、22万2688人と過去最高の来場者となったが、本年も19万5000人の来場者、180社、1550小間の規模を予定する。引き続き世界最大規模のゲームイベントを目指し、展開する。

 変わらない部分がある一方で、ゲーム業界の新しい潮流も積極的に取り組む。2010年から打ち出されたビジネス機能の強化、アジア重視は、そうした流れのなかにある。また、ゲーム専用機やゲーム機向けのソフトが中心だった会場の雰囲気も、近年大きく変わっている。主催者側もこれに対応する。
 ビジネス面では、BtoBの取引環境を向上させる。ビジネスミーティングエリアをリニューアルし、出展企業同士を結びつける「アジア・ビジネス・ゲートウェイ」を導入する。さらにアジア圏のベンチャー企業、開発ツールを紹介する「アジアニューススターズコーナー」を新設する。これまでのビジネスソリューションコーナー、TGSフォーラム、ネットワーキングパーティーと共に大きな力を発揮しそうだ。

 一方、「PCゲームコーナー」、「スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー」が新設される。グローバル市場での成長分野をあらためてフォーカスすることで、両分野の重視を打ち出すかたちだ。
 また、インターネットのライブ動画配信が普及するなかで、本年初めて公式動画配信チャンネルを開設する。さらに「アジアe-Sports 選手権(仮称)」の実施、コスプレ専用エリアの拡大とエンタテイメント面でもイベントの領域拡大が図られる。

東京ゲームショウ2012(TOKYO GAME SHOW 2012)
http://tgs.cesa.or.jp/index.html

主催: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催: 日経BP社
後援: 経済産業省(予定)
会期: 2012年9月20日(木)、21日 ビジネスデイ 10:00~17:00
2012年9月22日、23日 一般公開日 10:00~17:00
会場: 幕張メッセ 展示ホール1~8/国際会議場
来場予定者数: 19万5000人
出展社数: 180社(予定) 募集小間数 1550小間