沖縄で国際共同製作ワークショップ AFIメソッドで企画開発

 日本と海外のプロデューサーが実際にチームを組んで、コンテンツ国際共同製作の企画開発を行うワークショップが 3月25日から27日まで沖縄で実施される。ユニジャパンが、沖縄県と沖縄国際映画祭と連携して行うものだ。コンテンツの国際共同製作を考えるプロデューサー向けの企画開発ワークショップとなる。
 ユニジャパンはこのワークショップの参加者を現在募集中だ。参加対象者は、コンテンツ製作の実務経験を持つプロデューサー、主としてアジア圏との国際共同製作を志向していること、ファンドや助成金等を活用した国際共同製作に関心があることが望ましいとしている。応募締切りは3月4日までである。

 現地ワークショップでの研修費、宿泊費は無料となっている。また、研修期間中、沖縄県内の主要ロケ地を視察するツアーや日本やアジア地域の製作事情に関するシンポジウムの参加、映画祭や現地関係者との交流会なども予定している。今後、プロデューサーとして活躍の場を目指す人にとっては、知識やネットワークを得る場所として大きな力を発揮するだろう。
 ただし、現地までの往復交通費は、参加者が各自負担する。また、ワークショップの講義、ディカッションは英語で進められるため、英語でコミュニケーションが取れることも必要となる。ややハードルの高い面もあるが、ワークショップが基礎知識というよりも、実際のビジネスに直結することを目指しているためと見られる。

 ワークショップは、米国の有力フィルムスクールAFIのコンサバトリーモデルを取り入れる。AFI出身の大物プロデューサーがメンターとなり、業界経験者がコラボレーションしながら知識を高める。
 日本側参加者とアジア地域から選出された海外プロデューサーがチームを組み、与えられた題材を国際共同製作企画としてブラッシュアップしていく。ピッチング、講評、ディスカッションなどを通じて進める。

「コンテンツ国際共同製作ワークショップ in 沖縄」参加者募集
http://www.unijapan.org/hrd/20120325/index.html

開催日: 2012年3月25日(日)~27日(火)(集合:3月24日/解散:3月28日)
会場: ラグナガーデンホテル(沖縄県宜野湾市)ほか
参加費及び往復交通費:
  ワークショップ参加費(研修費・宿泊費)は無料。
  現地までの往復交通費は参加者各自負担。
主催: 経済産業省、公益財団法人ユニジャパン
協力: 沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄県産業振興公社、ジャパン・フィルムコミッション(JFC)
*詳細・応募方法は、上記サイトにて確認ください。

[対象者]
  コンテンツ製作の実務経験を持つプロデューサー
  主としてアジア圏との国際共同製作を志向していること
  ファンドや助成金等を活用した国際共同製作に関心があることが望ましい
  英語による円滑なコミュニケーションが可能であること

[内容]
  沖縄県内のロケーション・ハンティング
  日本及びアジア地域の製作事情に関するシンポジウム
  ファーストピッチング
  チームごとの企画のブラッシュアップ
  ファイナルピッチング
  ディスカッション
講評・総評
※ワークショップは原則英語、同時通訳・逐次通訳はなし。
[リードトレーナー]
Philip Lee(プロデューサー)