2011年映像ソフト市場2292億円で3%減 GfK Japan発表

市場調査会社のGfK Japanによれば、2011年の国内一般向け販売DVD、Blu-ray Disc、UMDなどの映像ソフト市場は2292億円となった。また、販売数量は5650万枚であった。
金額ベースで前年比3%減、数量ベースで5%減となる。DVDが減少する一方で、より単価の高いBD販売が伸びていることで、金額ベースの減少が抑えられている。

BD市場は数量ベースで前年比43%増、金額ベースで前年比45%増である。2011年の市場規模は、588億円となっている。映像ソフト市場のおよそ1/4を占める。
またBD市場では、依然アニメのシェアが高い。販売金額全体の49%が日本アニメとなっている。BDアニメの国内市場は290億円近いことになる。また、BD販売は、DVDよりもEコマースを使う率が高いのも特徴となっている。Eコマースの比率は6割を超えている。

映像ソフト全体での日本アニメの金額構成比は24%である。これはほぼ前年並みで、市場全体の縮小を考えれば、日本アニメの売上も前年比で微減になったことになる。このほか洋画は金額構成比15%で前年比プラス、音楽はAKB48が市場の牽引役となり3%増の27%である。
メーカー別では、発売シェア1位はワーナー・ホーム・ビデオ、エイベックスがこれに続く。販売元別ではソニーミュージックが、数量・金額の双方で1位なっている。

2011年の映像パッケージ市場規模は、日本映像ソフト協会も月間売上速報でも明らかにされている。こちらでは販売用、レンタル用、業務用を合わせて2011年通期の売上高を2619億1600万円としている。売上高は前年比2.1%減、売上数量は7.6%減となっている。

GfK Japan
http://www.gfkrt.com/japan