コンテンツ開発を集約 バンダイナムコスタジオ設立

バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、ゲーム・ネットワーク関連のコンテンツ開発を統合した新会社バンダイナムコゲームスを2012年4月1日付で設立する。新会社はバンダイナムコゲームスの開発スタジオをスピンオフするかたちとなり、およそ1000名の開発人員が所属する。
代表取締役には、現在バンダイナムコゲームス取締役の中谷始氏が就任、資本金は1000万円を予定する。新会社は家庭用ゲーム機、業務用ゲーム機、ネットワークのコンテンツ開発を担う。

バンダイナムコHDは今回の発スタジオの分社化について、コンテンツ事業の強化のためと説明する。分社化により、開発に特化し最適化した制度や仕組みの導入を目指す。これにより開発のスピードアップと効率化が可能になるとしている。
開発の主力のコンテンツは、「鉄拳」シリーズ、「ソウルキャリバー」シリーズ、「太鼓の達人」シリーズ、「テイルズオブ」シリーズ、「機動戦士ガンダム 戦場の絆」シリーズなどが挙げられている。さらに新規コンテンツの企画開発も行う。

バンダイナムコホールディングス http://www.bandainamco.co.jp/