TIFFCOM2012会場移転を発表 出展増加でお台場へ

 2012年で9年目を迎えるコンテンツ見本市TIFFCOMが、2012年より会場をお台場に移転する。10月23日から25日の3日間、会場をホテル グランパシフィックLE DAIBAにして開催する。
 TIFFCOMは毎年10月に開催される東京国際映画祭の併設国際見本市会場としてスタートした。映画祭併設という強みを活かし、映画やテレビ番組、アニメーションの国際取引に強みを発揮している。

 日本のコンテンツ関連企業の海外ビジネスへの関心の高まりや、海外からの日本コンテンツのニーズもあり、年々その規模を拡大している。2011年は4日間で過去最高、約2万人のビジネス関係者が会場を訪れた。
 出展小間数の拡大に加え、ビジネスフォーラム、企画マーケット、スクリーニングの拡大などがこうした増加を支えている。日本を代表するコンテンツ国際見本市として知られるようになって来ている。
 一方で、近年は、開催当初より利用されてきた六本木ヒルズ森ビルの会場の問題が指摘されるようになっていた。すでに出展スペースの拡大余地はなく、会場がビル内の複数階や近辺に分かれており、アクセスが不便となっていた。とりわけ、会場への動線がエレベーターのみとなっており混雑を感じさせていた。

 TIFFCOM運営本部は、当初は2012年も六本木ヒルズ森ビルでの開催を予定していたが、こうした課題を解決すべく、会場の移転を決定したようだ。移転主な理由として、使用会場面積の限界と次年度以降のスペースの確保が難しくなったためとしている。
 今回の移転により出展可能スペースは、約20%増加する。さらにスクリーニング施設やセミナー会場なども、同一フロアで展開することが可能になる。海外からの招聘ゲストの宿泊もホテル グランパシフィック LE DAIBAとし、ワンストップマーケットプレイスとして機能を強化、コンテンツ総合見本市としてさらに拡大を目指すという。
 一方で課題もある。ひとつは引き続き六本木ヒルズが中心となる東京国際映画祭と会場が離れることだ。映画祭に訪れた関係者が合わせて、TIFFCOMに足を向ける機会も多かっただけに集客に影響は出るだろう。会場の拡大も考えれば、これまで以上にTIFFCOMの告知、認知度アップが必要になりそうだ。

TIFFCOM2012
公式サイト http://www.tiffcom.jp
(4月1日オープン予定)
日時: 2012年10月23日(火)-25日(木)
会場: ホテル グランパシフィックLE DAIBA
主催: 経済産業省・公益財団法人ユニジャパン(予定)
共催: 第25回東京国際映画祭
連携企画: 国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2012(予定)
[出展対象]
映画・テレビ・アニメーション・デジタルメディアコンテンツ・コミック・出版など
2011年度実績:出展団体数 226/バイヤー登録数 817