3ch放送開始WOWOW 番組費増加、第3Qは減益に

 衛星放送などのWOWOWは、1月30日に平成24年3月期第3四半期の決算発表を行った。連結売上高は491億9100万円(前年同期比0.1%減)、営業利益は50億9000万円(同15.7%減)、経常利益は53億4100万円(19.6%減)、四半期純利益は33億8000万円(同12.9%減)だった。
 売上は有料放送収入が前年同期比で減少したが、デジタル放送移行対応業務受注などがあり、最終的には前年並みに落ち着いた。一方、収益面では、2011年10月1日からフルハイビジョン、3チャンネル放送に移行したことから番組費が前年同期比で13億2400万円増加したことから二桁の減少率となった。

2 011年10月から始まったWOWOWのフルハイビジョン・3チャンネル放送は、WOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの3つから構成される。それぞれWOWOWが力を入れる映画、プレミア感、ライブイベントを中心にプログラムを組む。
 開局20周年記念番組『オズマ』や人気作品の一挙放送などで力を入れるアニメ作品は、「プライム」でプログラムされることが多い。現在は「BLACK LAGOON」シリーズや『トワノクオン』などが放映されている。

 WOWOWは、今後も人気番組や新番組を投入する方針である。ラインナップの質と量を充実させることで、加入者の増加を目指す。
そのうえで平成24年3月期通期で売上高670億円(前年比1.6%増)、営業利益40億円(同29.0%減)、経常利益43億円(同29.6%減)、当期純利益23億円(同27%減)を見込む。

WOWOW  http://www.wowow.co.jp/