米国破産裁判所 4キッズの「遊戯王」ライセンス有効を支持

 米国のキャラクターライセンス会社4キッズ・エンタテインメント(4Kids Entertainment)が、日本の『遊戯王』のアニメ、キャラクター事業を当面継続することになりそうだ。4キッズは、1月5日、米国破産裁判所が、4キッズが日本のADKとテレビ東京から供与を受けている『遊戯王』のライセンスが有効であることを支持したと発表した。
 同社によれば、破産裁判所はADKとテレビ東京によるライセンス供与停止の通告は有効でないと判決を下した。また、4キッズは引き続き欧米における『遊戯王』のライセンスビジネスを続けることが出来るとした。
 
 4キッズは長年、『遊戯王』の海外ライセンスを日本の広告代理店ADKとテレビ東京を通じて、獲得してきた。海外で人気の高い作品であることから、同社の主要事業になっている。
 しかし、2010年に行った監査から、ADKとテレビ東京は、4キッズが本来は両社に支払われるべきロイヤリティの一部480万ドルが支払われていないとし、その支払いを求めている。また、この未支払いを理由に、2011年3月末に4キッズに対してライセンス供与の停止を通告していた。

 一方、4キッズは、ライセンス供与の停止を無効主張している。また、事業不振やライセンサーとの論議が起き、経営の見通しが不確実になったことを理由に、4月初めに連邦破産法第11条の適用を申請していた。この結果、両サイドの主張は、破産裁判所の判断を仰ぐことになった。
 破産裁判所での論争は今後も続く見通しである。しかし、日本サイドにとっては、厳しい法廷でのスタートとなった。