アニメコンテンツエキスポ 2012年参加企業・タイトル発表

 2012年3月31日、4月1日の2日間、幕張メッセで開催を予定するアニメ コンテンツ エキスポ 2012(ACE2012)は、出展企業・団体と出品作を発表した。出展企業・団体は51、作品は64タイトルが挙がっている。公式サイトでは第1弾としており、今後もその数は増えそうだ。
 ACE は本年3月に第1回の開催を予定していたが、東日本大震災の影響により中止になっていた。中止になったイベントは、東京都青少年健全育成条例改正案に反対し、東京国際アニメフェアの参加取りやめた企業・作品発表の代替の場として企画されていた。2012年は、そうしたACEを支持したファンに感謝するとの趣旨で実施される。

 2011年は、開催日程が大型アニメイベント 東京国際アニメフェアと重なったが、2012年は開催日程は1週間ずれる。双方に出展することが可能だが、両イベントへの参加は負担が大きい。企業によっては、どちらのイベントを選ぶか難しい選択も必要になる。
 ACEの発表した第1弾出展企業は、前回もイベント推進に大きな役割を果たしたアニプレックスや角川グループが含まれる。さらにジェネオン・ユニバーサル、スターチャイルド、バンダイビジュアル、フロンティアワークス、マーベラスAQL、メディアファクトリー、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションといったアニメの映像パッケージを発売し、宣伝を手掛けるメーカーが目立つ。
 また、アニメイトやグッドスマイルカンパニー、コスパ、ブシロード、ブロッコリーなどキャラクターグッズの製造・販売企業も多い。ファンに向けた作品の宣伝の場、関連商品の販売場としての役割が期待されているようだ。

 一方で、アニメ制作会社やテレビ放送局、広告代理店などの参加は限られている。特に東京国際アニメフェアの運営を手掛ける日本動画協会の会員企業からは、アニプレックス、バンダイビジュアル(正会員)、ジェネオン・ユニバーサル(準会員)の3社のみである。多くの会員企業がオフィシャルな場として、東京国際アニメフェアを優先した可能性が強い。

 人気作品が多く集まることから、ACEはアニメファンを中心にかなりの来場者を集めることになりそうだ。会場は幕張メッセ国際展示場ホール1~3を使用、約5万の入場者を見込む。
 入場料は3歳以上1500円、チケットは先行販売、当日券は未定としているが、詳しい内容は後日発表される。

アニメ コンテンツ エキスポ 2012
http://www.animecontentsexpo.jp/

主催: アニメ コンテンツ エキスポ実行委員会
特別協賛: FIELDS
会場: 幕張メッセ 国際展示場 展示ホール1、2、3
開催期間: 2012年3月31日(土)~4月1日(日) 9時~18時
※入場は17時半まで
入場料: 1500円 (3歳以上有料/先行販売・当日券(未定))

[出展社(2011年12月27日時点 51社、50音順)]

株式会社アスキー・メディアワークス
株式会社アニプレックス
株式会社アニメイト
インターネットラジオステーション<音泉>
エディス編集部
株式会社エンターブレイン
大阪スクールオブミュージック専門学校
大阪ダンス&アクターズ専門学校
大阪放送株式会社
株式会社角川コンテンツゲート
株式会社角川書店
神田のカメさん法律事務所
株式会社Gift
株式会社キャラアニ
有限会社グッドスマイルカンパニー
神戸芸術工科大学
株式会社コスパ
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社
株式会社ショウゲート
スターチャイルド
株式会社STUDIO MAUSU
秩父アニメツーリズム実行委員会
tvk(株式会社テレビ神奈川)
有限会社トイズ・プランニング
東京スクールオブミュージック専門学校
東京スクールオブミュージック専門学校 渋谷校
東京ダンス&アクターズ専門学校
ニコニコ動画
株式会社ニトロプラス
Navel
株式会社ネクストン
株式会社 博報堂DYメディアパートナーズ
バンダイビジュアル株式会社
BS11
ピカットアニメ
5pb.
フェアリス
株式会社富士見書房
株式会社ブシロード
フリルラレコード
株式会社ブロッコリー
株式会社フロンティアワークス
株式会社文化放送
株式会社ボークス
株式会社マーベラスAQL
株式会社マウスプロモーション
株式会社マッドハニーエンタテインメントシステムアンドパブリッシュメント
まんが王国とっとり
株式会社メディアファクトリー
ユーフォーテーブル有限会社
ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション