スクエニ「ユーベルブラッド」最新巻 日・仏・伊で同日発売

 スクウェア・エニックスは、マンガ出版で新たな試みに乗り出す。「月刊ビッグガンガン」で連載中のファンタジーマンガ『ユーベルブラッド』の最新11巻を世界3ヶ国、3ヶ国語での同時発売する。
 2012年2月9日に、日本ではスクウェア・エニックスから発売される。同日に、フランスではKi-oonが仏語版を、イタリアではBD EDIZIONのJPOPレーベルで伊語版を発売する。日本のマンガが、3ヶ国語、3つの地域で同時に発売されるのは異例の試みだ。
 Ki-oonとJPOPは、それぞれフランスとイタリアで日本マンガの翻訳出版を手がける。今回のスクウェア・エニックスの挑戦に協力する。

 近年、日本のポップカルチャーコンテンツの世界同時展開が、急進展している。しかし、翻訳に手間がかかる出版は同時展開の難易度が高い分野である。とりわけ、編集や印刷などの工程に手間がかかる紙出版は、かなりの準備が必要とされる。困難事業の克服は、今後のさらなる展開のマイルストーンになりそうだ。
 今回の同時発売についてスクウェア・エニックスは、『ユーベルブラッド』が日本だけでなく海外でも人気が高いことを理由に挙げる。現地のファンの要望に応えるためだという。

 『ユーベルブラッド』は、塩野干支郎次さんが2004年にスタートしたダークファンタジーである。無数の剣を操る辺境の英雄・ケインツェルが、帝国の平和に隠された七英雄の裏切りを暴き、復讐を果たすため運命の道を切り拓く。重厚なストーリー展開が人気の秘密である。
 単行本はこれまでに0巻から10巻が発売されている。しかし、11巻の発売は、実に2年半ぶりとなる。日本のみならず、フランス、イタリアでも話題を呼びそうだ。

スクウェア・エニックス公式サイト (雑誌・書籍セクショントップ)
http://www.square-enix.com/jp/magazine/top/