バンダイビジュアル 不正アクセス調査でサイト一時停止

 アニメ映像関連事業の大手バンダイビジュアルは、外部からの不正アクセスの痕跡が確認されたことを理由に自社が運営する物販サイト、情報サイトの一部を一時停止した。不正アクセスの痕跡が確認されたのは、「.ANIME」、「Emotion Family Club」、「デジタルビート」、「デジタルバンビーノ」の4つのサイトである。
 サイトの一時停止社は、12月19日22時より行われている。バンダイビジュアルは、不正アクセスによる影響、原因調査、さらに被害の拡大を防止するためとしている。サイトの停止期間は、セキュリティ対策も含めることから数日間かかるかかる可能性もある。

 一方、今回の不正アクセスによる個人情報の流出はなかった。登録された個人情報へのアクセスは確認されておらず、また、サイト自身はクレジットカード番号情報を保有していないことからクレジットカードの番号の流出もない。

 また、今回のサイトの一時停止に伴い、12月21日から「.ANIME」にて販売を予定していた「TIGER & BUNNY」HERO AWARDS 2011公式パンフレット販売開始は延期された。今後の販売開始日が決定次第、告知する予定だ。
 サイトの状況についても、作業の進捗に応じて経過報告が行われる。 

バンダイビジュアル http://www.bandaivisual.co.jp/