韓国ウェブマンガ58作品 ネイバーが日本語で無料公開

 韓国系のインターネット検索サービスNAVERは、12月16日より韓国ウェブマンガの日本語版の無料公開をスタートした。作品はNAVERが提供するスマートフォンアプリを通じて閲覧する。
 「NAVER Webtoons―無料マンガ―」と名付けられたアプリはiOS、Androidの双方があり、幅広いユーザーが利用出来る。収録作品は全てフルカラーで、曜日ごとに週刊で更新する。これにより毎日新しい連載を読むことが可能になり、新鮮さが売りとなる。

 掲載されるマンガは、全てNAVERが韓国国内で展開する「NAVERマンガ」の人気作品である。「NAVERマンガ」は、月間ユーザー数1250万人、約15億ページビューを持つ同国有数のマンガサイトである。約300タイトルの作品を配信する。配信作品の中には、映画化や舞台化、単行本化されたものも少なくない。
 今回は、その中から特に人気の高い作品を日本語翻訳して、無料で提供する。NAVERは、今後もユーザーの利用傾向を見ながら新たな作品を追加していく予定としている。

 韓国のマンガは日本では馴染みが薄いが、2000年代後半から積極的に海外に進出している。米国やフランス、ドイツなどでは単行本も多く発売された。一方で、競争相手が多いことも理由とみられ、日本進出は遅れていた。
 また、日本のマンガと似ているとされることが多い韓国マンガだが、近年は、独自の展開も目立っている。ひとつはマンガ雑誌が少ないことから、インターネット上でまず発表されるウェブマンガが発達していることだ。カラー作品が多いこと、ネットやモバイルに適応したコマ割などが特徴と指摘されている。
 今回のNAVERの試みは、韓国の得意とするウェブマンガを切り口に日本市場の開拓を狙うものとなる。日本のマンガと異なった新たな市場を築くのか、今後の展開が注目される。

NAVER(ネイバー) http://www.naver.jp

NAVER Webtoons―無料マンガ―
iOS: http://itunes.apple.com/jp/app/naver-webtoon-app/id488091569
Android: https://market.android.com/details?id=jp.naver.webtoon.android