ディズニー 外資初の無料放送BSチャンネル 開局日発表

 ウォルト・ディズニー・ジャパンの子会社、ブロードキャスト・サテライト・ディズニーは、2012年春に開局を予定する2つの新BSチャンネルの開局日を発表した。
 現在、CS放送で好評を博しているディズニーチャンネルのBS展開(BS256)は、2012年3月1日(木)に開局する。さらに新しいコンセプトで開設される「Dlife」(BS258)は、2012年3月17日(土)に開局する。

 ディズニーチャンネルは、お馴染みのディズニーキャラクターが活躍するアニメーションは勿論、海外ドラマなども幅広いラインナップの総合エンタテイメントチャンネルである。子どもやファミリーなど幅広い視聴者をターゲットとする。
 2011年9月末時点で、視聴可能世帯数は575万世帯となっている。BS放送を機会にさらなる視聴者の獲得を目指す。ディズニーチャンネルは、『けいおん!』や『夢色パティシエール』など日本のアニメもプログラムに組み込む。ディズニーアニメーションと共にこうした作品の視聴機会も広がりそうだ。

 「Dlife」は、野心的なプロジェクトである。有料放送が中心になりがちな新チャンネル開局にあたり、広告モデルの無料放送をする。外資系企業が国内で、無料のBSチャンネルを手がける初のケースとなる。
 30代から40代の女性のライフスタイルを意識した番組を編成、コアターゲットとする。ディズニーが得意とする女性マーケットにアプローチする。
 また、グループ企業のひとつ米国4大ネットワークのABCの作品を中心に海外テレビドラマ、映画、バラエティ、ニュースなどを提供する。家族で視聴出来る総合チャンネルを目指す。