日経とTBS アジア向け映像等で提携 テレ東、毎日新聞も

 東京放送ホールディングス(TBS-HD)と日本経済新聞は、新しいメディア分野でのコンテンツ開発・提供での業務提携で合意した。12月2日に両社が発表した。TBS-HDは毎日新聞、日本経済新聞はテレビ東京といった親しい新聞社、放送局を持つなかでの提携だけに、その目的が注目される。
 一方、両社の提携によるコンテンツ開発には、毎日新聞社、テレビ東京ホールディングス加わる。さらに事業の内容に応じて、NTTドコモ、三井物産の協力も得るとしている。提携はオープンなものとしており、今後もさらに多くの企業の参加も期待しているようだ。

 今回の提携の目的について両社は、急激に変化する環境のなかで新分野、新市場を開拓するには、活字と映像の垣根を越え、互いの強みをいかし、補完しあえる相手と連携することが最適との判断したためだという。提携により国内外への発信力を拡大する。
 具体的な提携事業には、現在、ふたつが挙がっている。ひとつは、スマートフォンなどのモバイルコンテンツの開発である。2012年春から夏を目標に、コンテンツの共同開発・提供の開始を目指す。NTTドコモがコンテンツの企画・開拓、マーケティング企画・推進で協力する予定だ。

 映像関連で注目されるのは、もうひとつの事業であるアジア向けの映像、情報発信である。発表によれば、インターネットやテレビ放送により日本企業の技術力や日本の文化、流行などにフォーカスした外国語番組を制作する。
 この番組はアジア地域でテレビ放送をするほか、インターネットでの動画配信もする。そのうえで日本企業のアジア向け広告ニーズの受け皿ともする。こちらは三井物産が企画、マーケティング、事業推進で協力、来年3月末までに事業開始を目指す。
 アジア向けの日本文化発信となれば、アジア地域で高い人気を誇るアニメやマンガ、ゲーム、ファッション、J-POPといったポップカルチャー分野もカバーする可能性もある。今後の動きが注目される。

東京放送ホールディングス http://www.tbsholdings.co.jp/
日本経済新聞 http://www.nikkei.com/