企業動向 TV東京、日本テレビ

テレビ東京 アニメ事業部を新設
 7月1日付の組織改革に伴い、アニメ事業部を新設する。これまで、コンテンツ事業局の中にあったコンテンツ事業部が事業ごとにアニメ事業部とライツ事業部に再編される。
 また、5月の菅谷定彦社長による定例会見では、アニメ番組と連動したイベントに注力する方針を示している。7月の『ポケットモンスターフィスティバル』、『NARUTO忍者ドーム‘05』、『BLEACH』の声優イベント、ロックミュージカルなどが企画されている。最近のアニメ番組の視聴率低迷をアニメと事業を絡めることで視聴率向上を目指すという。
テレビ東京 

日本テレビ ハウルの動く城が収益に貢献
 5月19日の日本テレビの決算は売上高3576億円(前期比8.9%増)、経常利益355億円(同3.3%減)であった。この中で、売上高621億円になった文化事業部門は、売上高前期比59.8%増、営業利益110.0%増と大幅に増加した。これには昨年11月公開の『ハウルの動く城』が大きく貢献した。
 また、『アンパンマン』、『ルパン3世』などのアニメ作品のキャラクター商品の売れ行きも好調であったとしている。