『こぴはん』 KEIの世界が繰り広げる新感覚プロジェクト 大貫一雄氏インタビュー

『こぴはん』 KEIの世界が繰り広げる新感覚プロジェクト
大貫一雄氏インタビュー

(左)鷹木純一プロデューサー/(右)大貫一雄氏

 今年10月から、ニコニコ動画にて、少し変わったアニメプロジェクトがスタートした。「初音ミク」キャラクターデザインで有名なKEIさんと、アニメスタジオのGONZOがタッグを組んだウェブ発のオリジナルアニメ『こぴはん』である。
 作品はKEIさんが生みだした魅力的なキャラクター達が次々に登場する複数の短編アニメから構成される。ただし、順番に配信されるエピソードの構造、関連は複雑だ。
 『こぴはん』の中では何が起きているのか?どうやって生まれて何を目指しているのか?製作の指揮を執るデイライトの大貫一雄氏に話を伺った。

  「こぴはんちゃんねる」 (ニコニコ動画内) 
    http://ch.nicovideo.jp/channel/copihan
  公式サイト http://copihan.com/
  公式Twitter http://twitter.com/copihan

■ KEIさんのキャラクターが動いたら、その想いから生まれた『こぴはん』

アニメ!アニメ!(以下AA)
まず、一番ファンの目を惹いているところから伺わせてください。イラスト、キャラクター原案がKEIさんです。『こぴはん』は、キャラクターありきの企画だと思いますが。

大貫一雄氏(以下大貫)
キャャラクターありきです。僕がKEIさんを好きという部分もあります。
初音ミクでKEIさんがすごく有名になられました。KEIさんのキャラクターが動いたらなという想いがありましたが、ただ、初音ミク自体のアニメーション化は難しいところがあります。
「じゃあ、何か新しいものを作ればいい」、まずはすごく単純な発想です。

AA
それが『こぴはん』ですね。

大貫
オリジナルで新しいキャラクターを作っていただいて、個性をつくり、ストーリーを作り、オリジナルの世界観をつくってという考え方です。そこからアニメーションやコミカライズ、いろいろな世界観をつくっていくのが一番のコンセプトです。

AA
キャラクターが9人ですが、主要キャラクターの数としてはかなり多いほうです。これはどなたの発想だったのですか。

大貫 
最初は4人だったんです。ラフ絵をお願いした時には女の子が4人でした。この4人だけで物語を考えた時に、KEIさんの男キャラクターはあまり見ないことに気づきました。鏡音レン君は男の子ですけど、成人男性のキャラクターをKEIさんはあんまり描かれてない。
「かっこいい、かわいい男というキャラクターを作って欲しいな」と話ました。するとストーリーの対極に同じ年齢層の女性がないとおかしい。さらにストーリー展開を考えた時に学年を広げた方がいい。

AA
物語を広げるうえで必要だったわけです。

大貫
物語ありきで、こういう落とし方をしようという原案があり、そこに当て込んでいく時にあれだけ必要だったんです。
全員が主役という考え方で物語を作っているので、その場面、場面でメインに来るキャラクターが1人いて、あとは周りを固めるキャラクターが話によって全部変わっていきます。

■ 基本コンセプトは訳が分からないと言わせたい

AA
少し気になったのはキャラクターが9人いて、立ち位置は全員公平なんですか。やっぱりこのキャラクターを推したいといったことはありませんか?

大貫 
去年11月に『コミックラッシュ』さんで連載を初めてさせていただいた時に、美柱という2人のキャラクターが主役という物語を作りました。マンガはKEIさんが描いています。ただ、これはそれぞれの展開を考えたうえで一発目として『コミックラッシュ』さんがあったので、たまたま美柱が先に出ています。

AA
いくつか進むプロジェクトのひとつというかたちですか?

大貫
次はどういう展開をという中で、ウェブのアニメーションのスタイルに持ってきました。その時に「じゃあ、アニメに関しては主役不在にしよう、全員が主役というものを作ろう」と思ったんです。
逆に2年前に立てた企画書から『こぴはん』には、訳が分からないと言わせたいというのが基本コンセプトにありました。

AA
マンガでは美柱の2人が主役と思わせて、公式ホームページでは常にゆずきが真ん中にいました。

大貫 
ウェブアニメでは、真ん中にいるゆずきが主役と思わせるというのを2カ月間ぐらいやりました。「なるほど、この3人が主要メンバーなのね」と。ところがこのウェブアニメは、2話目から今度はゆずきが完全に出なくなります。
いま大混乱を招いているところだと思いますが、ほかのキャラクターが思い切りマンガに出て来ることで皆さんに気付いていただけるのかなと思っています。

■ 作品は原作と製作委員会が直結

AA
舞台設定ですが、近未来でいいのですか?そこで何か不思議なことが起きている世界ですが。

大貫 
確かに近未来ですよ。2034年って打っていますから。ただ、2034年に車は飛ばないでしょう(笑)。
たったの20数年しかない。するといまみんなが毎日歩いている駅までの街並みが、どれだけ変わっちゃうのというのはあります。もちろん都市開発されてすごく近代的な何とかモールができる街もありますよ。でもたぶん八百屋は八百屋のまま残っているところもあると思います。僕の描こうとしていた2034年というは、ちょっと未来の話です。突拍子もない未来観をではないですね。
単純に今の世界に対して二十数年たったときに、この国はどうなっているんだろうというのを描きたいんです。

AA
キャラクターと世界観は、どなたがどうやって作られているのですか。

大貫 
世界観、キャラクターは、百天神社振興会という原作者団体、つまりシナリオを書く人間と、キャラクターを描く人間と、物語の構造を作る人間、その3人というか、3社です。

AA それはアニメだけでなく、コミカライズも?

大貫 全部ですね。

大貫 
その百天神社振興会の代表を私がやっています。『こぴはん』のアニメーションの製作委員会の幹事の代表も私がやっているので、原作と委員会が直結しています。
アニメ側でこんなことをやりたいと言ったら僕が原作側に伝え、原作側がこんなふうにやりたいとあればそれを委員会に伝えます。

AA
すごく単純な質問ですが、この物語は最終的に1本につながるのですか?

大貫 
何をもって1本とするかですよね。ひとつのシナリオとして描きたい物語をいま描いているわけではないんです。ただ大きな物語を見せるためには、断片を先に見せておかないと意味が通じなくなる。時間軸が後々どうなるか、今後のお楽しみだと思います。

AA
そこはあえて知らない方が楽しいわけですよね。

2ぺージへ ■ 『こぴはん』、今後の展開は?