「Fate/Zero」BD-BOX発売決定 パッケージでも新ビジネス

(c))Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC

 本年10月からテレビ放映開始、そのクオリティの高さでファンから熱い支持を受ける『Fate/Zero』のBlu-ray Discの発売スケジュールが明らかにされた。2012年3月7日に「『Fate/Zero』Blu-ray Disc Box Ⅰ」が発売される。
 単巻BDの発売は予定されておらず、テレビ放映終了からおよそ2ヵ月後、3月7日にBOX商品でのリリースだ。本シリーズは全2クールを予定しており、2011年10月から12月に第1シーズン第1話から13話を放映予定、さらに2012年4月から6月まで第2シーズン第14話以降が放映される。BOXⅠはこのうち第1シーズンの全13話を収録、税込み価格39900円を予定する。

 深夜テレビアニメシリーズの映像パッケージ(DVD、BD)は、これまで2話から4話ずつに区切って何巻かに分けて発売されることが多い。その後、何年間期間を置き、BOX商品があらためて発売されるのが一般的なビジネス形態である。『Fate/Zero』では、そうした従来のやりかた、楽しみ方と異なるパッケージをファンに提案する。
 当初からBD-BOXで発売するのは、『Fate/Zero』の作品の魅力をより活かすためだ。発売元のアニプレックスは、本作は2クール作品だがufotableが目指すクオリティを実現するためにまず3ヵ月のテレビ放送、3ヵ月の期間を置き、その後に2012年4月から6月まで第十四話以降を放送という2シーズン制を選んだという。

 まず、テレビで毎週の連続ドラマとして『Fate/Zero』を楽しんで欲しいとし、その後、あらためてまとまった作品としてBOXを届ける。そして、BD-BOXはテレビ放送プラスαの内容を目指している。テレビとBDで2度楽しめる作品というわけだ。
 BD-BOXはテレビ放送版には尺の関係で入れられなかったシーンやセリフを含んだバージョンオリジナルエディションを収録する。さらに特典CD 2枚Disc 1 「Fate/Zero Original Soundtracks Vol.1」(音楽:梶浦由記)、Disc 2 「オリジナルドラマCD」(監修:虚淵玄)、さらに[Fate/Zero Animation Material]や奈須きのこさん脚本による新規特典映像など豪華な特典も盛り込む。ファンから大きな好評を得ることは間違いないだろう。

 映像パッケージの単巻商品は、個別では手に取り易い価格で、若い世代が少しずつ買うことが出来る利点がある。また、テレビ放映と並行して発売することで、ファンの熱意が高いうちに購入して貰う狙いもある。一方で、第1巻から巻数が進むにつれ実売数が減少する傾向が強いのが弱点だ。
 今回は最初からBOX商品を投入することで、一度に作品の世界観を届ける。また、オリジナルエディションや満載の特典は、これまで以上のプレミア感を商品に与える。しかし、トータルでの価格は従来とほぼ同じになるが、BOX商品は一度に支払う金額が大きい。「『Fate/Zero』Blu-ray Disc Box Ⅰ」は、ビジネスの挑戦としても注目されそうだ。

『Fate/Zero』Blu-ray Disc Box Ⅰ
2012年3月7日(水) 発売
品番:ANZX9431~9437  価格: 39900円(税込)

商品仕様
■全7枚組(本編Blu-ray Disc5枚+特典CD2枚)
■武内崇描き下ろしBOX
■特製デジパック仕様
■Fate/Zero Animation Material
■特典映像
[本編Blu-ray Disc]
第一話~第十三話を、TV未放送部分を含むオリジナルエディションで完全収録

[特典映像]
・新規特典映像(脚本:奈須きのこ) 
・トレーラー集(第1弾プロモーションビデオ・第2弾プロモーションビデオ)
・TV SPOT集(7陣営オリジナル番宣CM・BD Box告知CM などを完全収録)
・ノンクレジットオープニング
・ノンクレジットエンディング

[特典CD]
Disc 1 「Fate/Zero Original Soundtracks Vol.1」
音楽:梶浦由記
Disc 2 「オリジナルドラマCD」
監修:虚淵玄

[Fate/Zero Animation Material]
ここでしか読めない新録インタビューや、原画・美術設定といった貴重な制作資料を多数収録したプロダクションノート

[スペック]
映像:16:9 / HDワイドスクリーン / 1920×1080p / MPEG-4 AVC
音響:リニアPCM(ステレオ) 48KHz / 24bit
字幕:日本語、英語