中国アニメフェスティバル 10月23日から映像文化交流

 10月23日から26日まで、東京・六本木などで2011中国アニメフェスティバルが開催される。中国の過去から現在、そして未来に向けた大掛かりな展覧会や上映を企画する。さらに両国の関係者によりシンポジウムも行われ、中国アニメーションの紹介と日中の友好もアピールする。
 このフェスティバルは、2010年の鳩山総理大臣(当時)との温家宝 中国国務院総理の日中合意に基づいて企画されたものだ。両国の映像分野の交流を目指し、日本と中国それぞれで映画祭を企画、互いの国の映画、アニメーション、テレビ番組を紹介する。
 日本の作品紹介は今年6月に北京と上海で大掛かりなイベントを開催した。映画やアニメの特集上映のほか、人気俳優が訪中をして話題を呼んだ。

 今回は、その中国版となる。中国の文化を紹介するために2011中国アニメフェスティバルと中国映画・テレビを開催する。アニメフェスティバルの主催には、中国文化部、中国駐日本国大使館、外務省、経済産業省、総務省、文化庁、観光庁などが並び、両国の国家掛りのイベントであることを感じさせる。
 また、今回の中国のイベント開催の狙いは、文化紹介や文化交流にとどまらないとみられる。中国の映画関係者は、同時期に開催される東京国際映画祭、そして国際コンテンツ見本市TIFFCOMにも参加する。10月27日には日中映像フォーラムも開催され、個別企業のビジネスマッチングが行われる。これを機会に、海外に向けた文化の発揚や映像産業振興も目指すとみられる。

 こうした背景もあり、フェスティバルの内容は豪華だ。六本木ヒルズ ハリウッドビューティプラザ5F ハリウッドホールで開催される「2011中国アニメショー」は、中国アニメーションとマンガの過去、現在、未来の三部構成でその歴史と広がりを披露する。今なお評価の高い水墨アニメーション、切り紙アニメーションは必見だ。
 上映は3作品、『兔の武勇伝 (2D)』、『魁拔』、『少年岳飛』はいずれも2011年の長編映画である。2DにフルCGと中国のアニメーションの幅広さが楽しめる。

 23日午後の「2011中日アニメ・シンポジウム」は、交流、協力、促進をテーマに3時間にわたり討論が行われる。日本からは、野間省伸・講談社社長、篠田芳彦・アサツーディ・ケイ コンテンツ本部長、清水慎治・東映アニメーションエグゼクティブプロデューサー、久保雅一・小学館マルチメディア局チーフプロデューサー 、清水義裕・手塚プロダクション著作権事業局局長らが参加する。日本のアニメ・マンガを代表するビジネスパーソンが並ぶ。
 中国側からも、アニメーション関連の行政責任者、大手アニメーション会社のトップが参加する。日中のアニメーションサミットの様相もあり、今回のプロジェクトの大きさを感じさせる。

2011中国アニメフェスティバル
http://cjiff.net/index_animation_jp.html

期間: 2011年10月23日(日)~26日(水)
主催: 中国文化部/中華人民共和国駐日本国大使館/外務省/経済産業省/総務省/文化庁/観光庁
共催: 中国上海市文化広播電影電視管理局

中日アニメシンポジウム
10月23日(日) 13時〜16時
ザ・プリンス パークタワー東京 コンベンションホールE

2011中国アニメショー
10月23日(日)〜10月26日(水) 10時~16時半
六本木ヒルズ ハリウッドビューティプラザ5F ハリウッドホール