クールジャパン・フォーラム シンガポールで今年も開催

 11月11日から13日まで、日本ポップカルチャーの大型イベントAnime Festival Asia(AFA)2011がシンガポールにて開催される。アニメ、マンガ、J-POPなどの日本の最先端カルチャーのショウケースとして、現地のファンに向けた様々企画が用意される。
 また、AFAの開催に併せて、クールジャパン・フォーラムの開催も発表された。AFAは開催第1回目より、アニメなどのビジネスの活性化ににも力を入れてきた。2010年はクールジャパン・フォーラムとしてアニメ、音楽、ファッションなどの分野で活躍するビジネスパーソンをゲストにフォーラムを開催した。プロデユーサーの秋本康さん、東京ガールズコレクションの大浜史太郎さんらが出演した。

 2011年もそれを引き継ぎ、音楽、小説、アニメ、デジタルコンテンツの分野からゲストを招く。日本のエンタテイメントビジネスについて語る予定だ。
 現在明らかにされているゲストは、作家の平野啓一郎さん、ブシロード社長の木谷高明さん、アニメキャラクターデザイナーの美樹本晴彦さん、ソニーミュージックの山口三平さんらである。フォーラムの参加料は85シンガポールドルとなる。

 これ以外にも、本年のAFAはビジネスの動きが活発化しそうだ。9月23日にはシンガポールを訪れた枝野幸男経済産業大臣が、同国のヤクブ・イブラヒム情報通信・芸術大臣と両国のクリエイティブ産業分野での協力関係強化について共同声明を出したばかりだ。シンガポールで日本のクリエイティブ・コンテンツ産業の活性化を目指す。
 それに先だって、日本の文化を海外に伝える戦略の一環として、クール・ジャパン戦略推進事業(海外支援プロジェクト・シンガポール事業)の実施も始まっている。これは中小企業の持つアニメ、キャラクター、マンガ、音楽などのコンテンツを東南アジアに広く紹介するというものである。AFAを軸に広くコンテンツを紹介し、ビジネスチャンスの創出を目指す。AFAの運営も行う電通が中心となって事業を進めている。

Anime Festival Asia(AFA)2011  http://www.animefestival.asia/