長編フルCGの挑戦 デジタル・フロンティアのビジネス戦略

■ CGと2Dそのメリットとデメリットとは

AA
これだけCGの技術が向上しても、やはり2Dに勝てない部分はありますか?

毛利  いろいろあると思います。

豊嶋  いっぱいあると思います(笑)。

毛利 
うまく説明できませんけど、(アニメは)今まで培ってきたこういうキャラクターの見せ方とか、感情表現の方法、演出などある意味確立されているんです。スタイルやフォーマットといったら変ですけど、かなり完成さています。
僕はアニメが大好きなので、そのどこが好きなのかを考えると、魅力的な絵であることと、画面の中で情報が整理されていることだと思います。感情移入は出来るのだけれど、違う世界のものとして物語を楽しめる感覚もあります。
フルCGは情報量が多く、立体的で豪華に見えるのですが、手垢感といいますか、人が一生懸命作った感じが表に出づらいのです。アニメは作家さんのテイストが表に出る感じで絵から伝わるんです。
けれどもフルCGは泥臭くやっていても、機械的な印象が残ります。ぬくもり感みたいなものの差は、あるという気はします。

AA 逆にCGでしか出来ないことはどうですか?

毛利 
メリットでもあるけどデメリットでもあるのが、情報量の多さです。あれは絶対アニメでは出来ないです。『鉄拳』でもアリサの非対称の衣装デザインなんて、作画を考えればアニメではまず避けるでしょう。こうしたキャラクターは、CGに向いています。
CGは1個作ってしまえば、非対称でも、どんなカメラアングルでも出来てしまいます。どんなにディテールの多いものでも、描かなくてもいいわけです。そうした描写力は、圧倒的にCGの方が便利ですよね。あとは、アンドゥ(やり直し)ができますね(笑)。

豊嶋 
CGがアニメに負けているというか、もっと勉強しなければと思うのは、アニメーションと演出です。アニメーターの能力と演出の能力がCGはやはり圧倒的に足りてないように思います。
理由は明確で、やれるチャンスがないんです。日本では週に何百本もアニメを制作してきたわけです。動画マンが「じゃあ原画を描いてみる」みたいなチャンス、演出希望者も演出をこの1話だけやってみるというチャンスが結構あります。シリーズをやって何年か経てば、そろそろ力もついたし劇場でという話もあるわけです。その流れがCGにはないんです。
仕事量はすごく多いですよ。ただそれは多岐にわたっていて、CMや映画、パチンコであったり。アニメーション力や演出力を上げていくかという点では一直線上にないわけです。この機会が本当にアニメに比べ少ないと思います。

AA
演出、ストーリーもそうですけど、外部からの人材を取り込むことは可能ですか?

豊嶋 
可能です。今回の『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』もそうだと思います。シナリオの佐藤大さんは、アニメ界のかたです。絵コンテも6人ぐらいの大御所に分けて描いてもらっているんです。それも主にアニメや実写特撮系の人たちです。
それをシナリオからやっていた毛利がパート分けして、こんな感じで絵コンテを描いてくださいとやってもらっています。

豊嶋
あとは今回、神谷真のキャラクターデザインをしてもらったのが恩田(尚之)さんです。『バイオハザード』の時のゲームには設定がなく映画オリジナルのキャラデザも、恩田さんなんですよ。デザイン画を見てもらえば、たぶん、分かると思います。
恩田さんにキャラクターデザインしてもらった後に、アイコラを作っています。

AA
今後、どういった作品を追求するか、方向性がありましたら教えていただけますか?

豊嶋 
作品もそうですが、今回、毛利が監督をやったのはCG側から監督を出したいという思いが根っこには大きくありました。
その上で会社が向う作品は、例えば何かしらのゲームとコラボレーションしつつ、海外展開可能なビジネスモデルが組める作品という事になると思います。
具体的には、テレビシリーズでフルCGものをやりたいとずっと言い続けています。そうなるとゲームエンジンをどううまくCG制作のパイプラインに組み込むか、ゲームみたいな作り方をして1話あたりに掛かるコストはどうなるのかなど、乗り越えなければいけない壁は当然あります。おそらくそれはゲームとセットで作る話になると思います。そうした意味では日本だけでなく、ゲームとどう上手く組み合わさっていくかが必要だと思っています。

AA
先ほど出た『アタゴオル』みたいな、ああしたキャラクター重視の作品はどうですか?

豊嶋 
ワールドワイドに認識されるものとしてピクサー路線みたいなものは、もしかしたらきちんと考えないのといけないかもしれないなとは思います。

毛利 
僕は結構、絵っぽいものが好きなんです。だから『ぼのぼの』もそうだし、『アタゴオル』も絵っぽいんですよね。
逆に僕はあれも何となく日本っぽいと思っています。海外ではあまりやらないテイストだと思います。ああいう雰囲気を持った作風で、情報を整理すれば、少し違った新しいジャンルが確立出来るかもしれませんね。

AA
本日はありがとうございました。