3DS大型タイトルに短編3Dアニメ I.G、4℃、シャフト制作

 任天堂は、9月13日に「ニンテンドー3DS新製品発表会 ニンテンドー3DSカンファレンス2011」を開催し、今後の3DSの展開とゲームソフトのラインナップを発表した。カンファレンスでは40本以上に及ぶタイトルが紹介された。8月11日に実施された3DS本体機の値下げに続き、マーケットの需要喚起に向けて積極的に取り組んでいる様子だ。
 ただし、同社が大型ソフトとして開発に取り組んできた『新・光神話パルテナの鏡』は、クオリティを確かなものにするためとして、これまで2011年中としてきた発売を2012年第1四半期に延期することを明らかにした。

 この『新・光神話パルテナの鏡』については、さらにサプライズ情報も公開された。ゲームの展開に合わせて、国内を代表するアニメ制作会社3社が、作品の世界観を共有する3D(立体視)の長さ3分程度の短編アニメを制作する。これらは全世界に向けて、無料配信をする。
 アニメ制作は、プロダクションI.G、STUDIO 4℃、シャフトと、日本のアニメを代表するスタジオが並んだ。任天堂によれば、それぞれが各社の持ち味を活かした作品になる。3D立体視はアニメの世界でもトレンドとなっているが、手軽に3Dアニメが楽しめる。3DSの機能を活かした、ニンテンドーらしい豪華さだ。

 配信はニンテンドー3DS用のコンテンツ配信プラットフォーム「ニンテンドーeショップ」のダウンロード機能、「ニンテンドービデオ」を利用する。「ニンテンドーeショップ」も、カンファレンスでより機能の充実を図るとした戦略プロジェクトである。
 今回の話題性の高いコンテンツを用いることで、新作ソフト、新サービスのプロモーションにつなげる。日本のアニメスタジオがこれに一役買うかたちだ。

任天堂 http://www.nintendo.co.jp/

『新・光神話パルテナの鏡』 公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/akd