ヨーロッパのアニメーション事情テーマに講演会 7月31日

 7月31日に、ヨーロッパのアニメーションをテーマにした講演会が東京・高田馬場で行われる。講演会のテーマは、「アヌシー国際アニメーション映画祭と欧州アニメビジネス事情」である。
 オフィスH(アッシュ)代表の伊藤裕美さんがアヌシー映画祭を中心に、ヨーロッパのアニメーション事情を紹介する。北米、アジアと並ぶ、巨大なアニメーション市場の現状を理解する助けになるものだ。

 アヌシー国際アニメーション映画祭は、今年で49回目を迎えた世界で最も古く規模の大きなアニメーション映画祭である。映画祭の期間中には、世界各国から数多くの作品やアニメーション関係者が集まる。 アニメーション見本市のMIFAや企画マーケットも設けており、ビジネス的な側面も見逃せない。ヨーロッパのアニメーションビジネスで最新のトレンドが表れる場所でもある。

 講師となる伊藤裕美さんは1999年から10年以上にわたりアヌシーを訪れて、ヨーロッパのアニメーションシーンの変化を見続けてきた。また、自ら海外の短編アニメーション配給やプロデュースを手がけており、ヨーロッパのアニメーションビジネスについても詳しい。
 今回は伊藤さんがアヌシー国際アニメーション映画祭を紹介し、2009年の注目点を語る。さらに日本とも北米とも異なるヨーロッパ独自のアニメーション文化とビジネス事情について触れる。

 講演会は7月31日金曜日19時半から21時まで、高田馬場駅から徒歩5分の東京アニメーションカレッジ専門学校を会場とする。定員は30名、参加費は1000円となる。
 事前に主催者のNPO法人アジアITビジネス研究会に、メールでの申し込みが必要となっている。

アヌシー国際アニメーション映画祭 
http://www.annecy.org/home/index.php?Page_ID=2

アジアコンテンツビジネステーマ部会第21回 
「アヌシー国際アニメーション映画祭と欧州アニメビジネス事情」

日時: 7月31日(金)19時半~21時(19時受付開始)
会場: 東京アニメーションカレッジ専門学校
地図: http://www.tcpl.jp/access/index.html
定員: 30名(申込先着順)
参加費: 1000円(当日会場で支払い)
主催: NPO法人アジアITビジネス研究会 http://www.asia-itbiz.com
協力: 東京コンテンツプロデューサーズラボ(TCPL) http://www.tcpl.jp