中国オンラインゲーム会社 大手ポータルサイト傘下に

 中国最大手のオンラインゲーム会社上海盛大網絡発展は、中国の大手ポータルサイトの新浪の株式19.5%をグループ内で収得した。これにより上海盛大網絡発展は新浪の筆頭株主になる見込みである。

 上海盛大は、中国最大のオンラインゲーム会社として知られており、2003年の売上高は7700万ドル(約80億9000万円)、ユーザー数は1億数千万人にも上る。昨年5月の米国NASDAQ市場への上場では1億5200万ドル(約157億円)の資金調達に成功した。近年、急激に成長をしており、株式公開で得た資金で今回の株式取得を行なったと考えられる。
 また、新浪は、中国3大ポータルサイトのひとつで、2004年の売上高は2億ドルを越えた。また、オンラインゲームの韓国ソフト『リネージュ』の中国展開を手掛けている。市場関係者は、今回の提携を理想的な組合せとして高く評価しており、NASDAQ市場の新浪の株価は急上昇している。中国では、インターネットの利用のかなり部分がオンラインゲーム利用とも言われるが、今回の株式取得は、中国市場でのポータルサイトを上回るオンラインゲームの勢いを示していそうだ。