東京都 ハリウッドでアニメセールス

 東京都は、東京のアニメを米国で売り込むためにハリウッドでシティーセールスを行なう。このシティーセールスは、これまで東京都による観光客誘致のため欧米で行なって来たシティーセールスと東京の地場産業であるアニメ産業の売りだしを連携させたプロジェクトである。
 2月7日、8日にかけて開催されるのはロサンゼルスの『東京アニメ・イン・ハリウッド』である。これは、3月に東京で開催される『東京国際アニメフェア』プレイベントとしても位置づけられる。また、シティセールスには、東映アニメーション、手塚プロダクションなどアニメ製作会社10社が同行し作品の売出しを行なう。現地では、ハリウッドの放送局、映画配給会社、流通会社関係者400人を招き各社のプレゼンテーションを行なう予定である。

現地のイベントの詳細は次の通りである。
東京アニメ・イン・ハリウッド(2月7、8日)
プロダクションIGの石川光久社長と神山健治氏監督による講演会
アニメ製作会社10社のプロモーション
アニメ上映会:『攻殻機動隊Stand alone complex 2ndGIG』、『NARUTO』、『鴉』、『天上天下』