テニスの王子様 中国でテレビ放映へ

 フジサンケイビジネスアイは、1月7日の記事で許斐剛氏原作の人気アニメ『テニスの王子様』が中国のアニメ専門チャンネルで放映を開始する予定と伝えている。
 放映されるのは昨年の12月26日に上海最大のメディアグループ上海メディア集団が開設した中国の最初の衛星アニメチャンネルである。この作品の海外番組販売権を持つアサツーDKが近く中国政府からテレビ放映の許可を受ける。

 中国におけるテレビ番組の放映は政府による許可制となっている。しかし、中国政府による自国アニメの保護育成策もあり、近年、日本アニメが大手の放送局を通じて放映されることは極めて難しくなっている。
 今回の『テニスの王子様』の中国での放映は、この作品を中国市場で売り出すにあたり大きなアドバンテージになると思われる。また、昨年、コミック版の『テニスの王子様』は中国の大手出版社中国美術出版総社集団から発売されている。『テニスの王子様』は日本型ビジネスの王道といえるコミックとテレビ放映を利用したメディアミックスを正規のルートを通じて展開するといった面でも注目される。